piano de ongaku DAYS

ピアノの購入おめでとうございます!

この春入室された生徒さんがピアノを購入されました。
お母様からピアノの購入について相談されたのですが、
伺ってみるとお子さんの方から電子ピアノでの練習に不満が出るようになったということで、
それならば…ということのようでした。
正直、そうしたご連絡をいただくと、自分のことのように嬉しいです。

おんがく会のアンケートでも、
「何年かたつとお姉さんたちのように弾けるようになるのかと楽しみです。」
と多くの保護者の方からコメントをいただきましたが、現在在籍していて頑張っている中学生のお姉さんたちは、皆さんピアノで練習をしています。

さらに言えば、習い始めの頃から、ピティナで行っているステップというステージに回を重ねて参加していますし、コンクールにも数回挑戦していました。
特にコンクールなどは思うような結果が出ず、涙したり、悔しい想いも経験していて、「もうピアノなんてやめたい」と言ってお家の方を心配させたこともありました。
でも、そうして、世の中には自分よりも凄い人がいることを知ったことで、謙虚な気持ちを持ちレッスンを続けてこられましたし、まだまだ…とか、もっともっと…、という気持ちを持てるからこそ、毎回のレッスンを大切に受け、練習を続けてこられているのだと思います。

中学3年生になって部活や勉強に忙しくなっても続けられ、教室の「おんがく会」では後輩さんたちの面倒を見ながらも立派な演奏を聴かせてくれているのには、それなりの努力とご家庭のご理解ご協力があってのことなのです。

必ずしも何年か続けていれば、あんな風に弾ける…というようなものとは言えない、
というのが正直なところです。

ステップに出るのもあまり…という生徒さんも増えてきていて、
この先の“おんがく会”はどうなることやら^^;です。

そして、電子ピアノで練習している生徒さんは、鍵盤が軽いことや、触ると音が出るという仕組みの楽器に日頃触れていることで、大きくなっても指先がしっかりとしてこなかったり、腕の重さをのせたり抜いたりすることで音に表情をつけていくという意識が薄くなりがちだったり、レガートもスタッカートも指先だけになってしまったり、、、、

アップライトピアノとグランドピアノだって全く違うのですが、電子ピアノとピアノは音を出す仕組みが全く違います。

ただ、中には住宅の事情でピアノが置けないという場合もあるので、何とも言えませんし、以前には電子ピアノで練習している生徒さんもコンクールで本選まで行った生徒さんもいました。

その場合には、ピアノと電子ピアノの違いをよく説明し、理解してもらって、「お家では練習できないこれどレッスンの中で」…ということになります。

練習を頑張っている生徒さんには、ピアノで練習できると良いのにな~と思うことはたくさんあります。家の電子ピアノではよく弾けていたのだろうな~と思うこともよくあります。

せっかく家で練習を頑張って、よ~し!と張り切ってレッスンに来ても、レッスン室のピアノで弾いてみたら全くその成果が出なかった…ということが続き、本人が嫌になってやめたくなってしまう…ということもあるようです。

レッスンで思うように弾けない、というのはピアノで練習している生徒さんでもよくあることです。
私もよくなります^^;
その上、楽器が違うのだったら、と思うと…。

そうした訳で、用意してあげることができるのであれば、中古のものであれ何であれピアノで練習させてあげられるのが一番なことは間違いありません。

そして、発表会以外のステージの経験もたくさん積ませてあげて欲しいと思います。

教室のお便りにも書かせていただきましたが、ステージ経験を積めば積むほどに勉強意欲が高まり、ピアノが好きになるというものですし、毎週のレッスンの中で教本を進めていくこととは別に、何かの本番に向けて、決められた期間の中で課題の曲を仕上げていくレッスンというのは、内容が違います。

年に一度の教室の発表会だけが本番、というのでは、そうそうレベルアップできるものでもないことを、保護者の皆様にもご理解をいただき、是非、こちらからお声かけさせていただいた、ステージにはご参加いただきたいと思っています。

ちなみに、よく参加をよびかけているステップですが、かなり熱心に声をかけるので、生徒をたくさん参加させるようなノルマがあるの??とか、たくさん参加させると何か先生に良いことがあるの??なんて思われていたりするかもしれません。

ぜ~んぜん、そんなことはありません。
指導者が賞をもらえるのは、ピティナで言えば、コンクールで全国大会に指導した生徒さんが進出された場合のみです。

ステップなど、外部のステージに生徒さんを出すということは、それなりに大変なことですし、曲選びなどから始まる手続きのことや、本番に向けての調整や、当日やアフターケアなど、手間と言えば手間ばかりです。
ならば、どうして??
と言われれば、それは発表会と同じ、生徒さんの成長のためです。
自分だけのレッスンではなく、外部のステージでの経験、アドバイザーの先生からの講評などから勉強して欲しいからですし、そのために協力したいからです。

まだまだ勉強が続いている私ですが、子供たちがピアノを習っている期間なんて短いものです。
そうした短期間にどれだけ上達させるのかを考えると、年間42回のレッスンだけでは足りません。
是非是非、ピアノでたくさんの経験をして、経験を通して、多くのことを学んで欲しいと心から思います。

生徒さんのピアノの購入から話が・・・・・。
そんなに書きたいことがあるなら、もっとマメに更新したら良いのに・・・・・。
もっともです。




クリックして応援、宜しくお願いします!
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
by piano_de_ongaku | 2015-05-17 15:40 | 日々のつぶやき♪ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://masaemon.exblog.jp/tb/23124768
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

ここでは、自分と「ピアノdeおんがく」の仲間たちのレッスンについてダイアリー形式でご紹介します。
by piano_de_ongaku
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

新規生徒さん募集中♪

幼稚園児だった娘とそのお友達にピアノを教えたことがキッカケで始めたお教室も、今年で20年目を迎えます。

"自分で読んで、一人で練習が出来、弾けるようになること"そして"音楽で仲間と交流できること”
を目指してレッスンをしています。

教室についての詳細は、教室ホームページの「what's new」をご参照下さい。

読譜など基本的なことを覚えて弾ける楽しさを経験すると、その後のレッスンはスムーズに進みます。

教室ホームページはこちら→HP
お問合せはこちら→「お問い合わせ」です。

空き時間やレッスンの詳細につきましては、お問い合わせ下さい。

レッスンの目標や指針として、ミュージックキーの認定試験を導入し、小さなハードルを繰り返し乗り越える経験をしながら楽しくレッスンをしていきます。

ピアノをお持ちの方、もしくはこれから購入予定の方、
ご連絡をお待ちしております♪

フォロー中のブログ

最新のコメント

I先生、こんばんは。 ..
by piano_de_ongaku at 23:05
先生、こんばんは。 動..
by TAKAKO・I at 18:45
I先生、コメントありがと..
by piano_de_ongaku at 19:44
先生、こんにちは。 先..
by TAKAKO・I at 18:37
ありがとうございます。 ..
by piano_de_ongaku at 22:02
いつもながら先生のお言葉..
by TAKAKO・I at 18:55
I先生、ありがとうござい..
by piano_de_ongaku at 18:29
発表会のご盛会、おめでと..
by TAKAKO・I at 17:11
endopiano様 ..
by piano_de_ongaku at 11:37
娘さんの受験、お疲れさま..
by endopiano at 12:56

ブログジャンル

イラスト:まるめな