piano de ongaku DAYS

セミナー「ひとりで譜読みができますか?」に参加しました♪

昨日は、島村楽器イオンレイクタウン店で行われた丸子あかね先生のセミナー
"ひとりで譜読みが出来ますか?
楽しく覚える「おんぷ」のレッスン ~「おんぷ」カードを使って~"
に参加しました。

学研さんから出されている「おんぷ」カードが最近、リニューアルされたそうで、
以前のものがこれ、
e0043723_1055592.jpg

生徒さん用の小さいサイズのものと、先生用の大きめサイズのものと
音符と鍵盤を一致させるためのけんばんボード、もちろん持っていたのですが、

今回のセミナーでは、新しいものを使うというので、生徒さんにお渡ししようと
リニューアル版の小さめカードを購入、
でも、お店の方に「セミナーの後に、大き目サイズに変更される方が多いそうです」と
言われて素直に大き目サイズに変更、ついでに新けんばんボードも購入。
e0043723_10554338.jpg

でも結局、セミナーの後に、当初の予定通り生徒さんに渡すために
小さめサイズの「おんぷ」カードも購入。

も~ぅ、おんぷカードだらけになっちゃった^^;

島村楽器さんったら、商売上手…。

新しい鍵盤カードには、全音符と四分音符と2種類入っていて、使いやすそうなので、
良いのですが…。

特にこの学研さんのカードは、イラストがとっても可愛くて、子供たちにも人気です。

そう、今回は「おんぷ」の講座。

日頃のレッスンの中で、絶対に生徒さんに身につけて欲しい!と思っていることとして、
「自分で読んで弾けること!」と掲げていますので、音符については絶対に覚えて
スラスラ読めるようにしたいと思っています。

丸子先生もおっしゃっていましたが、コンクールなどで結構良い成績を収める生徒さんでも
楽譜が読めない生徒さんはいる、そうで、そういう話は今までもいろいろなところで聞いて
きました。

「上手に弾ければ良いじゃん!」
という考えもあるとは思いますし、実際そういう教え方をしているお教室もあるそうです。

でも、文字が読めない、わからない…では文学作品を読んだり、楽しんだりすることは
出来ないのと同じことで、音符、楽譜が読めないのでは、楽器の演奏や、音楽を楽しむことは
出来ないわけです。

よくピアノの先生とお話しすると、自分たちがどのように音符を覚えたかなんて、わからない、
という話になります。

音符カードなんて使ったことはないし、覚えるためにワークをやった記憶もありません。

多分、それは音符に触れる時間の長さではないかな~と思われます。

ピアノを習っていれば、楽譜も読めるようになるのは、当たり前でしょ~って思うし、
教え始めたころは、当然のようにそう思っていました。

でも、そうではないことがわかります。

3年位習っていても、きちんと覚えるように促さないと、スラスラ読めるようにならない
生徒さんが何人もいます。

結局、それを放っておくと、
「弾けるようになると楽しいけど、譜読みは面倒…」
「お母さんに教えてもらわないと、1人では練習できない…」
「知ってる曲なら弾けるけど、知らない曲は全然わかんない…」
となり、そうこうしているうちに、学年が上がってしまい、ピアノは辞めてしまう…

ということになる、ということがよ~くわかってきました。
(私の教室には、そういう生徒さんは少ないようですが…)

そこで、特に最近は、教室でも「音符カード」はしつこ~くやるようにしています。
毎回タイムも計り、記録もしています。

昨日もレッスンの中で、
「知ってる曲なら弾けるけど、これは知らないからさ~」という生徒さんがいたのですが、
新しい曲を弾くのが大変になってしまう原因の1つは、音符が読めないから
(もちろん音符の他にリズムの問題もあるけどね)だということを説明して、
まずはしっかり覚えることは覚えないといけないことを伝えました。

そして、「知っているお話しの本ばかりを読んでいて楽しいかな?」と聞いてみました。
すると、
「そうだね、新しいゾロリ(かいけつゾロリ)の本が出るとワクワクして読んでみるよ~」と
納得してくれました。

ピアノも同じで、新しい楽譜をもらうと、
どんな曲かワクワクしちゃうよね~という話をしました。

音符も文字と同じで、む・か・し・、む・か・し・・と読んだのでは、
意味わかんないから、少しまとめて読まないといけなくて、
そのためには、スラスラ読めないといけないことをお話ししました。

たまたまその生徒さんが譜読みしている曲は3拍子だったので、
「ほら、むかし・むかし、おじいさんと、おばあさんが…」と
節をつけて読んでみせたところ、
「ホントだ~!!」とはじけるような笑顔で、
「楽しいね~」とずっと歌詞をつけて歌って読んでいました。

音符のセミナーの後に、ピッタリのエピソードのレッスンがありました。

丸子先生曰く、とにかく、先生がしつこく、執念深く、熱心に続けることが何より。
そして、音符が読めて、リズムがわかって、鍵盤の場所(音列)がわかって、始めてピアノの
レッスンが始まるのだということを徹底させること!!

痛感する毎日です。

もう教室のおんがく会(発表会)まであとわずか。
それぞれ自分の目標とする演奏に向けて、「これだけはやろうね」ということを
生徒さんと約束しています。
約束したことを特別な理由もなくやってこないことが続いた場合には、
「きちんと、やるべきことをやらないと、“楽しくピアノ”は出来ない!」
ということを伝えるようにしています。

これは、すべてに共通だよね。

皆、体調管理をしっかりして、頑張ろうね。


クリックして応援、宜しくお願いします!
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
by piano_de_ongaku | 2013-01-25 11:02 | 指導向け講座♪ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://masaemon.exblog.jp/tb/19674085
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

ここでは、自分と「ピアノdeおんがく」の仲間たちのレッスンについてダイアリー形式でご紹介します。
by piano_de_ongaku
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

新規生徒さん募集中♪

幼稚園児だった娘とそのお友達にピアノを教えたことがキッカケで始めたお教室も、今年で20年目を迎えます。

"自分で読んで、一人で練習が出来、弾けるようになること"そして"音楽で仲間と交流できること”
を目指してレッスンをしています。

教室についての詳細は、教室ホームページの「what's new」をご参照下さい。

読譜など基本的なことを覚えて弾ける楽しさを経験すると、その後のレッスンはスムーズに進みます。

教室ホームページはこちら→HP
お問合せはこちら→「お問い合わせ」です。

空き時間やレッスンの詳細につきましては、お問い合わせ下さい。

レッスンの目標や指針として、ミュージックキーの認定試験を導入し、小さなハードルを繰り返し乗り越える経験をしながら楽しくレッスンをしていきます。

ピアノをお持ちの方、もしくはこれから購入予定の方、
ご連絡をお待ちしております♪

フォロー中のブログ

最新のコメント

I先生、こんばんは。 ..
by piano_de_ongaku at 23:05
先生、こんばんは。 動..
by TAKAKO・I at 18:45
I先生、コメントありがと..
by piano_de_ongaku at 19:44
先生、こんにちは。 先..
by TAKAKO・I at 18:37
ありがとうございます。 ..
by piano_de_ongaku at 22:02
いつもながら先生のお言葉..
by TAKAKO・I at 18:55
I先生、ありがとうござい..
by piano_de_ongaku at 18:29
発表会のご盛会、おめでと..
by TAKAKO・I at 17:11
endopiano様 ..
by piano_de_ongaku at 11:37
娘さんの受験、お疲れさま..
by endopiano at 12:56

ブログジャンル

イラスト:まるめな