piano de ongaku DAYS

長い夏休みが原因…??

例年は、夏休みも出来るだけ生徒さんのご都合に合わせてレッスンを行っていました。
今年は、手術&入院があり、ほとんどの生徒さんのレッスンは4週間のお休みにさせて
いただきました。
4週間のお休み・・・まぁちょっと長いのですが、2週間に1度のペースでレッスンを
受けている娘など、何かの都合でレッスンが4週空いてしまうことも何度かあり、
そんな時は家での練習を工夫して、じっくりさらわせるなどでクリアできるものでもあると
思います。

お教室の生徒さんの場合、今回初めての長いお休みだったので、若干の心配はありましたが…。

そう2日ほど前、うつらうつらとお昼寝をしていたところに電話が鳴り…

「ピアノやめたいので・・・」という生徒さんの保護者の方からの連絡でした。

この生徒さん、一時期ピアノにはまっていた時期もありましたが、最近ではレッスン室に
来て一緒に練習する、というペースになっていました。それでもレッスンの時間は楽しく
笑顔で笑いが絶えずに、一緒に少しずつ弾けるようになるのを楽しんでいました。
レッスンの終わりには、「楽しかった~。来週も頑張ろう~っ!」と帰って行く様子でした。

それが急になぜ??
お話しを伺ってみると、

「夏休みが長かったこともあり、自分で練習が出来ず、ピアノの練習をするように言うと
泣いてしまう…」
「秋のおんがく会まで頑張ろうと思っていたのに、来年の春に延期になって、
とてもそれまでは…」など
今の私には、どうにも出来ないことのやめたくなる理由が重なってしまったようで、
9月に一緒にご挨拶に伺うことも考えたのだけれど、それもいやだと言っているので電話で…

と言われてしまいました。

顔も見たくない…?!

よく考えてみると、数少ない夏休みのレッスンも、「時間を間違えてしまった」とか、
「都合で」など、2回ほどお休みをされていて、
例年であれば振替をしていたかもしれませんが、例えば“おんがく会”が延期になったなど、
いろいろな連絡事項のお手紙をお渡しするタイミングが通常の生徒さんより
遅くなってしまった…などということが重なっていたこともあったな~と…。

それでも、その都度、
「レッスン時間を間違えてすみません。これからもよろしくお願いします。」と、
とっても綺麗な用紙に本人が手紙に書いて持ってきてくれたり、保護者の方からも
体調を気遣うご挨拶と共に「9月から宜しくお願いします」というメールをいただいていたり
したので、この時期にやめてしまうとは、全く予想をしていませんでした。

どんな時でも、生徒さんがやめてしまう時というのは、寂しい思いをしますが、
方針として「やめたい、と言ってきた時は止めない」と決めているので、今回も、
「わかりました。でもどこかで会ったら笑顔で声をかけてくれるように伝えて下さいね!」
と言いました。

顔も見たくないほど、いやになってしまったとは…ショックです。
勿論、言葉にされない諸事情もあったと思いますが、
まさに長いお休みのつけ…。

ゆっくりお休みをして楽??をする、それなりに痛みも伴うということなのでしょうか。

まだ4年生、それでもどんなにゆっくりペースで進めても6年生くらいまで続けると
それなりに弾きたい曲が弾けるようになるものなのに、残念です。

彼女のためにブルグミュラー25を購入してあったのに、予定していた日に
お休みしてしまったこともあり渡すことも出来ませんでした(/_;)

一緒にレッスンで練習していたのですから、夏休みが長くなれば一人では練習できない…
練習は?と言われると泣きたくなる…もうやめたいと思うようになる(^_^;)…

(._.)(._.)(:_;)(:_;)(>_<)(>_<)(T_T)(T_T)…

。・°°(>_<)°°・。

ちょっと不器用なところもあったかもしれませんが、明るい澄んだ音が魅力で、
曲の仕上げにかかると、なかなかチャーミングな表現ができる彼女のピアノが
もう聴けないと思うと、とても寂しいです。

他の生徒さんの状況も気になります008.gif054.gif

本当は退院してきたときに、生徒さんには、はがきでも出そうかと思っていたのですが、
入院前もバタバタして準備が出来なかったこともあり、出来ずじまいで…
そうした気の緩みがこうした結果になる…

だからと言って、今無理をすると今後の体調に大きく関わることになるので、
すべての生徒さんに連絡してレッスンを早目に開始したい!という想いをぐっと堪えて、
9月に向けて備える、それがやっとこの歳になり出来るようになりました。

短気は損気。

カーッとなってワーッと行動してはいけない!

今までの教室運営の中で学んだことの1つです。

反省すべきは、反省し、必要以上にクヨクヨしない。
健康第一である。

そして、今後のピアノ指導には変化を…

明日へ続く。。。





クリックで応援、宜しくお願いします!
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
by piano_de_ongaku | 2012-08-30 11:18 | ポロリン(:_;)なこと♪ | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://masaemon.exblog.jp/tb/18749528
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented at 2012-08-31 10:54 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by piano_de_ongaku at 2012-08-31 18:51
yuki様

ありがとうございます(*^_^*)

手術は思っていたより身体にとって大変なことでした。
術後の経過は順調でも、元のように元気になるのには、少し時間がかかりそうです。

でも、レッスンを楽しみに待ってくれている生徒さんがいる?!と思うことが、回復を助けてくれていると思います。

先生のブログも読ませていただきました。
オリジナルの教材や教具、素敵ですね。

時代の流れを感じながらも、生徒さんも教える側もワクワクできるようなレッスンを展開していきたいですね。

術後で弱っていますから、お互い無理をせず、頑張りましょう(これ、難しい…(^_^;))

ここでは、自分と「ピアノdeおんがく」の仲間たちのレッスンについてダイアリー形式でご紹介します。
by piano_de_ongaku
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

新規生徒さん募集中♪

幼稚園児だった娘とそのお友達にピアノを教えたことがキッカケで始めたお教室も、今年で20年目を迎えます。

"自分で読んで、一人で練習が出来、弾けるようになること"そして"音楽で仲間と交流できること”
を目指してレッスンをしています。

教室についての詳細は、教室ホームページの「what's new」をご参照下さい。

読譜など基本的なことを覚えて弾ける楽しさを経験すると、その後のレッスンはスムーズに進みます。

教室ホームページはこちら→HP
お問合せはこちら→「お問い合わせ」です。

空き時間やレッスンの詳細につきましては、お問い合わせ下さい。

レッスンの目標や指針として、ミュージックキーの認定試験を導入し、小さなハードルを繰り返し乗り越える経験をしながら楽しくレッスンをしていきます。

ピアノをお持ちの方、もしくはこれから購入予定の方、
ご連絡をお待ちしております♪

フォロー中のブログ

最新のコメント

I先生、こんばんは。 ..
by piano_de_ongaku at 23:05
先生、こんばんは。 動..
by TAKAKO・I at 18:45
I先生、コメントありがと..
by piano_de_ongaku at 19:44
先生、こんにちは。 先..
by TAKAKO・I at 18:37
ありがとうございます。 ..
by piano_de_ongaku at 22:02
いつもながら先生のお言葉..
by TAKAKO・I at 18:55
I先生、ありがとうござい..
by piano_de_ongaku at 18:29
発表会のご盛会、おめでと..
by TAKAKO・I at 17:11
endopiano様 ..
by piano_de_ongaku at 11:37
娘さんの受験、お疲れさま..
by endopiano at 12:56

ブログジャンル

イラスト:まるめな