piano de ongaku DAYS

合唱祭…ピアノ伴奏♪

昨日は、娘の中学校の合唱祭があり聴きに行きました。

合唱祭と銘打っているものの、学年ごとに順位がつくため、各クラスとも優勝目指して
練習にも熱が入っている行事の一つとなっている。

全体的に男子が大きな声で堂々と楽しそうに歌っている、というのがこの学校の特色の
ようです。
人数的にはどこのクラスも女子の方が多いのに、バスまたはテノールばかりが聴こえてくる、
というクラスもあり、それはそれでなかなか聴きごたえがあるものです。

自分の子供のクラスでなくとも、中学生が一生懸命に心を込めて歌っている姿というのは、
感動的で、聴きにきている保護者もウルウルしてしまう場面が何度もあります。

中1は自由曲のみ、中2は課題曲「明日へ」と自由曲の2曲、中3は課題曲「旅立ちの日に」
のみというもの気が利いています。

昨日も大いに感動させてもらいました。

そして、もう一つ。保護者として感動するところもあると同時にピアノ伴奏には嫌でも
耳がいってしまします。

私立なので受験をした生徒ばかりだと思うのに、ピアノを弾ける生徒がたくさんいるという
ことにも驚きます。
中学生の合唱の伴奏と言えども、楽譜を見ると結構むずかしいだろうな~と思うものが多く、
ピアノを習っていたと言っても、少しまじめにキッチリとレッスンしていた子でないと
弾けないだろうな~という伴奏、しかもJ-ポップの曲が多いので、リズムもとりに
くそうなものが多いです。

この伴奏者を決めるのにも波乱があるようで、クラスによっては、ピアノを弾ける子や
弾きたい子が何人もいて決めるのにも一苦労だとか…。

それと今年はピアノを弾ける子がいないクラスもあったようで、それはそれで苦労もあった
とか…。

注目の娘のクラス、今年も上手かった~~~。

娘は2年連続で伴奏を弾かせていただいたようですが、〝2年連続優勝!!”という
嬉しい快挙を成し遂げて、家族で密かに(伴奏が良かったのでは!?と)大喜びしています。
(親バカ丸出し(^_^;))

内緒ですが、
勿論本人は練習も頑張っていましたが、クラスを優勝に導くための伴奏指導にも熱が入って
しまうのは言うまでもありません。
日頃は娘のレッスンは、他の先生にしていただいていますが、この時だけは母の出番!?で
伴奏譜を弾きまくり、穴のあくほど楽譜を読み込み、歌いやすく、自然に緩急をつけて歌って
しまいたくなるような伴奏をするにはどうしたものか考えます。

伴奏者は影の功労者ですが、聴いていると、ある程度伴奏が上手くないと、合唱も素敵に
聴こえないものですし、大切な音をしっかり出して弾かないと歌の人が歌いにくいというのは
あると思います。

ついつい頼まれてもいないのに、知らないうちに伴奏の審査もしてしまう(@_@;)もので…。

それと面白かったのは(失敬)指揮者の男の子。
凄い凄い、のだめの千秋みたい~という生徒もいました。

指揮者とか伴奏者を男子が担当すると審査の得点が高い(??)らしく、指揮者を男子がやって
いるクラスが多く、中1、中2、中3と指揮のグレードが上がっていくのがよくわかります。

中3の男子なんて、みんな凄い熱の入りようで、背中もおしりも振りまくって(汗)、全身で
音楽を感じ表現している!のがわかるという生徒ばかり…。

素晴らしい合唱祭でした。

やはり音楽って素晴らしい!!

お教室の生徒さんにも、こうした機会に伴奏や指揮を引き受けて、大いに行事を盛り上げる
立役者になって欲しい!!と思います。

たまに生徒さんが伴奏の楽譜を持ってくると、指導に燃えます。
頑張って欲しいです。

ちなみに私の中学時代は、伴奏ではなく「指揮者」派でした。
日頃大人しい~私が合唱となると手を挙げて指揮者に立候補するもので、クラスの皆は
ビックリしていたというのを覚えています。

今でも覚えているのは、クラスの練習の時、指揮など関係なしに歌っている男子に
「少しは私の指揮を見て下さいね~」と言うと、
「お前の顔など見たくない!」と言い返され、へへへっと思ったこと。

全員の協力が必要なのでクラスが一つになることが出来る合唱祭、素敵な行事です。

中2と中3の課題曲は、中学の卒業式でも歌うのだとか…。
全学年で歌うとまた感動なのだろうな~と思います。
来年の卒業式では、それも聴けるのだと思うといまからワクワクします。





クリックで応援、宜しくお願いします!
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
by piano_de_ongaku | 2012-02-26 11:43 | 日々のつぶやき♪ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://masaemon.exblog.jp/tb/17427930
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

ここでは、自分と「ピアノdeおんがく」の仲間たちのレッスンについてダイアリー形式でご紹介します。
by piano_de_ongaku
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

新規生徒さん募集中♪

幼稚園児だった娘とそのお友達にピアノを教えたことがキッカケで始めたお教室も、今年で20年目を迎えます。

"自分で読んで、一人で練習が出来、弾けるようになること"そして"音楽で仲間と交流できること”
を目指してレッスンをしています。

教室についての詳細は、教室ホームページの「what's new」をご参照下さい。

読譜など基本的なことを覚えて弾ける楽しさを経験すると、その後のレッスンはスムーズに進みます。

教室ホームページはこちら→HP
お問合せはこちら→「お問い合わせ」です。

空き時間やレッスンの詳細につきましては、お問い合わせ下さい。

レッスンの目標や指針として、ミュージックキーの認定試験を導入し、小さなハードルを繰り返し乗り越える経験をしながら楽しくレッスンをしていきます。

ピアノをお持ちの方、もしくはこれから購入予定の方、
ご連絡をお待ちしております♪

フォロー中のブログ

最新のコメント

I先生、こんばんは。 ..
by piano_de_ongaku at 23:05
先生、こんばんは。 動..
by TAKAKO・I at 18:45
I先生、コメントありがと..
by piano_de_ongaku at 19:44
先生、こんにちは。 先..
by TAKAKO・I at 18:37
ありがとうございます。 ..
by piano_de_ongaku at 22:02
いつもながら先生のお言葉..
by TAKAKO・I at 18:55
I先生、ありがとうござい..
by piano_de_ongaku at 18:29
発表会のご盛会、おめでと..
by TAKAKO・I at 17:11
endopiano様 ..
by piano_de_ongaku at 11:37
娘さんの受験、お疲れさま..
by endopiano at 12:56

ブログジャンル

イラスト:まるめな