piano de ongaku DAYS

いろいろなレッスン♪

更新が久しぶりになってしまいました。
ちょっと風邪ぎみです。

ここのところ、レッスンでもかなり張り切っていたようで、ふと気付くと無理してたかも…です。
無理、というより、肩に力が入っていたというか…
熱いレッスンも冷静にしないとですね。反省。

近隣の小学校の新1年生のクラスでインフルエンザが流行っているとかで、
新学期が始まったばかりのこんな時期に学級閉鎖のクラスがいくつかあるようです。

先月に行われたピティナ支部の総会(残念ながら私は欠席)の資料をいつもお世話になっている楽器屋さんの店長さんが持ってきてくれました。

総会では、最後の方に先生方でグループに分かれ「日頃のレッスンで困っていることなど」についてディスカッションをしたそうです。
その中で出た意見で、
「コンクールに参加するようなやる気のある子から、あまりやる気がなく進度の遅い子まで幅広く対応することの難しさに悩んでいる」というものがありました。

これ、同感です。

私の場合、悩んでいるというよりは、いろいろな生徒さんのレッスンを続けて行う時に、気持ちの切り替えを上手くしないとな~と感じているというところです。

例えば同じ曲をレッスンするとしても、要求するところが全く違いますので、仕上がりも違ってしまうわけです。

これは、ひいきをするとか、しないとか、そういうことではなく、その生徒さんのピアノに対するモチベーションが違うし、習っている目的も違うし、家庭の環境も、それぞれ様々だからです。

上手くなりたい!!、と思って毎日必死に練習して、勿論ご家庭でもそんなお子さんを毎日励まして、状態の良いピアノを用意してくれたり、防音室だって作ってくれたりするというご家庭もあります。

その一方そうでもない場合もあるからです。

そんなことを言うと、
「それでもちゃんと教えて下さい!」
「もっと先生が叱って練習させて下さい!」なんて保護者の方の声が聞こえてきそうですが、

ちゃんと教えています。

練習することの大切さも、毎回伝えています。
子供たちの言い出す、とんでもない言い訳にも、きちんと向き合って話をしています。

それでも、あまりうるさくガミガミ言ってしまうと、たぶんピアノをやめてしまうだろうな~と思うと、
しばらく様子を観るということもあります。

やめてしまっては、元も子もないからです。

ピアノが嫌いなら、やめるのは仕方がないですが、練習が嫌いでも、ピアノは好き!という生徒さんはいます。

今までにもそういうお子さんをたくさん見てきました。
そういうお子さんは、何かのきっかけで急にやる気が出てきて、グ~ンと伸びるということもあります。

そして、意外なことに(失敬)続けていくことができて、それなりの曲を弾くようになったりします。

私は「ピアノをやめます!」と言っていた生徒さんについては、一切止めないことにしています。

進度のことや練習時間のことで相談をされれば、相談に乗りますし、本人が続けていきたいと願っている場合でしたら、とことん応援したいと考えています。

でも、「やめます!」と言ってこられた場合には、たとえどんなに惜しいな~と思う生徒さんだったとしても、「わかりました!」とお答えすることにしています。

ピアノをやりたくて続けていても毎日の練習は嫌だったりするのですから、やめたい、と思っている生徒さんなら続けるのは難しいと思うからです。

って、話が大きくそれましたが、

そうそう、日々のレッスンというものは、指導者は多重人格になるくらい、対応には幅があるということです。

そんなことを考えていたところに、前述の総会の資料が届いて目にとまったところで、本当よね~と思ったということを書こうと思った次第です。

まぁ、指導者としては、すべての生徒さんにピアノを頑張って欲しいと思っている訳ですから、柔軟に対応するすべも必要ですが、皆をコンクールに出すという先生もいらっしゃるのですから、やり方は工夫したいところでもあります。

お教室の生徒さんを見渡すと、最近では練習についてはわりと出来ているかな~と感じます。

ステップやコンクールにも積極的に参加するようになってきましたし、ステージが多くなると、モチベーションもアップしてきますし、先生も生徒さんも張り合いがありますから一挙両得です。

最近、気になることは…楽器かな…。

コンクールは上級になると電子ピアノでは難しいですし、ステップも応用クラスになると、指が育たないことに加えて表現の幅が狭くなってしまうことなどで、生徒さん本人が苦しんでいるのを見るのが辛いです。

レッスンで見ていても、たぶん家の電子ピアノでは上手く弾けていたのだろうな~と思う弾き方なのですが、グランドピアノは思うように鳴ってくれない…。

とても可哀そうな気がします。

お家の方には、さりげなく楽器のことについてお話ししてはいるのですが…。
 
レッスンでそのことで泣いてしまうお子さんもいるのですけど、本人もお家の方には言えなかったりするようで、出来ることならどんなに小さくても、古くても生のピアノを用意してあげて欲しいな~と思います。

今まではなかったのですが、そのことが理由でやめたい、、、なんてことになってしまったら、どうしよう…悲しいな~と思います。
by piano_de_ongaku | 2011-04-27 10:24 | レッスンでのひとこま♪ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://masaemon.exblog.jp/tb/14677071
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

ここでは、自分と「ピアノdeおんがく」の仲間たちのレッスンについてダイアリー形式でご紹介します。
by piano_de_ongaku
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

新規生徒さん募集中♪

幼稚園児だった娘とそのお友達にピアノを教えたことがキッカケで始めたお教室も、今年で20年目を迎えます。

"自分で読んで、一人で練習が出来、弾けるようになること"そして"音楽で仲間と交流できること”
を目指してレッスンをしています。

教室についての詳細は、教室ホームページの「what's new」をご参照下さい。

読譜など基本的なことを覚えて弾ける楽しさを経験すると、その後のレッスンはスムーズに進みます。

教室ホームページはこちら→HP
お問合せはこちら→「お問い合わせ」です。

空き時間やレッスンの詳細につきましては、お問い合わせ下さい。

レッスンの目標や指針として、ミュージックキーの認定試験を導入し、小さなハードルを繰り返し乗り越える経験をしながら楽しくレッスンをしていきます。

ピアノをお持ちの方、もしくはこれから購入予定の方、
ご連絡をお待ちしております♪

フォロー中のブログ

最新のコメント

I先生、こんばんは。 ..
by piano_de_ongaku at 23:05
先生、こんばんは。 動..
by TAKAKO・I at 18:45
I先生、コメントありがと..
by piano_de_ongaku at 19:44
先生、こんにちは。 先..
by TAKAKO・I at 18:37
ありがとうございます。 ..
by piano_de_ongaku at 22:02
いつもながら先生のお言葉..
by TAKAKO・I at 18:55
I先生、ありがとうござい..
by piano_de_ongaku at 18:29
発表会のご盛会、おめでと..
by TAKAKO・I at 17:11
endopiano様 ..
by piano_de_ongaku at 11:37
娘さんの受験、お疲れさま..
by endopiano at 12:56

ブログジャンル

イラスト:まるめな