piano de ongaku DAYS

お引っ越しでお別れした生徒さん…その後♫

昨日、お教室のことでお問い合わせをいただきました。

その方は、4年ほど前にお引っ越しでお教室を移られた生徒さん(当時小3のSちゃん)から聞いて、ご連絡をして下さったということでした。

少し前に、今までのお楽しみ会のビデオを見て、当時の生徒さんのことを懐かしく思い出していたところでしたので、久しぶりにSちゃんのお母さんにメールをしてみました。

Sちゃんは小4になる直前にお引っ越しして、直ぐに近所のピアノ教室に通い、中1になった今年の7月の発表会では、ベートーヴェンのソナタOp.49-No2を弾いたそうです。
そして、吹奏楽部でホルンを担当しているそうです。

それを知り、本当に嬉しくなりました。
思いきってメールして良かったです。

私のところには小3の時に初めてピアノを習いにきたSちゃんです。
中1でソナタを弾ければピアノを頑張ったと言えますし、大したものです。
それに、吹奏楽部でもご活躍の様子で、音楽との楽しいお付き合いが続いているようで、何より嬉しいです。

お引っ越し先で、素敵な先生にご指導を受けられたことも良かったと思いますし、Sちゃんも頑張ったのだな~と思います。

その先生には、「楽しくそして厳しく教えてもらいました。」とメールにありました。

それを読み、またしても唸ってしまいました。
そう、厳しさ、これは私にはないな~と思います。
(そんなことないよ~と思っている生徒さん、いるかな??)

やはり、上達のためには、厳しさは必要!! だと思います。

その先生との出会いというのは、まさに一期一会ですから、その生徒さんにとって、その先生のレッスンがピアノのレッスンそのものになってしまいます。

厳しいばかりで、ピアノ=恐怖になってしまってもいけないですし、優しいばかりで、楽しいけどちっとも上達しない、というのも残念です。
その受け取り方も人それぞれですし、考え方もそれぞれですから、その度合いというのは簡単には計れません。

「厳しさ」、それも愛情をもった厳しさ、これはしばらく懸案事項になりそうです。

親の立場でも、子供を「きちんと叱る」というのは難しいものです。
厳しさを持って「きちんとしつけること」も簡単なことではありません。

「楽しく厳しく教える」こと、奥が深いです。

ピアノの場合は、単なるしつけ教室ではありませんからピアノの奏法に関すること、音楽のきまりごと、音楽史的な事など音楽に関することについて、指導者として常に学び、指導に生かしていくことが必要ですし、前回のブログに書いたように、日々の練習に関することや、本番に向けて準備を進めるプロセスの大切さや、物事に対する取り組み方についてまで、生徒さんとの関わり方も以外と広範囲に渡っています。

何だか話が脱線して、大きな話になってしまいました・・・。

ピアノを始めた当時のSちゃんは、レッスン中に弾けないところがあると、注意するわけではないのですが、ポロポロ涙を流してしまうことがあり、慰めたり、気にせずにいたりといろいろ試みましたが、時には号泣してしまうこともありました。
急なお引っ越しが決まった時には、とても残念で寂しく、もっと一緒にレッスンをしたかったと思い、最後のレッスンの時には私の方が泣きそうになってしまいましたが、お母さんが花束を持って来て下さったことも懐かしく、よく覚えています。

そんなSちゃんが、ピアノを続けることが出来て、吹奏楽部で今も音楽と一緒に頑張っていること、そして、そんな近況をメールして下さったお母さんからも元気をいただきました。

毎週練習不足だったり、宿題も教本も忘れてきてしまうなど、そのような生徒さんが増えつつある最近のお教室…。
2年以上たっても音符がスラスラ読めないようでは、ソナタへの道は遠いかもしれません。
(厳しい~005.gif005.gif005.gif

たま~にレッスン中に、「楽譜の音符が小さい」というお友達にソナタの楽譜を見せることがありますが、「ひぇ~、こんなの弾きたくない~」と返ってきます。

そんなこと言わないで、頑張ろうね!!
by piano_de_ongaku | 2010-09-04 21:21 | 日々のつぶやき♪ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://masaemon.exblog.jp/tb/13182907
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

ここでは、自分と「ピアノdeおんがく」の仲間たちのレッスンについてダイアリー形式でご紹介します。
by piano_de_ongaku
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

新規生徒さん募集中♪

幼稚園児だった娘とそのお友達にピアノを教えたことがキッカケで始めたお教室も、今年で20年目を迎えます。

"自分で読んで、一人で練習が出来、弾けるようになること"そして"音楽で仲間と交流できること”
を目指してレッスンをしています。

教室についての詳細は、教室ホームページの「what's new」をご参照下さい。

読譜など基本的なことを覚えて弾ける楽しさを経験すると、その後のレッスンはスムーズに進みます。

教室ホームページはこちら→HP
お問合せはこちら→「お問い合わせ」です。

空き時間やレッスンの詳細につきましては、お問い合わせ下さい。

レッスンの目標や指針として、ミュージックキーの認定試験を導入し、小さなハードルを繰り返し乗り越える経験をしながら楽しくレッスンをしていきます。

ピアノをお持ちの方、もしくはこれから購入予定の方、
ご連絡をお待ちしております♪

フォロー中のブログ

最新のコメント

I先生、こんばんは。 ..
by piano_de_ongaku at 23:05
先生、こんばんは。 動..
by TAKAKO・I at 18:45
I先生、コメントありがと..
by piano_de_ongaku at 19:44
先生、こんにちは。 先..
by TAKAKO・I at 18:37
ありがとうございます。 ..
by piano_de_ongaku at 22:02
いつもながら先生のお言葉..
by TAKAKO・I at 18:55
I先生、ありがとうござい..
by piano_de_ongaku at 18:29
発表会のご盛会、おめでと..
by TAKAKO・I at 17:11
endopiano様 ..
by piano_de_ongaku at 11:37
娘さんの受験、お疲れさま..
by endopiano at 12:56

ブログジャンル

イラスト:まるめな