piano de ongaku DAYS

反抗期?!

先週の木曜日は、反抗期のまっただ中という小学4年生のNちゃん
のお母さんの面談を行いました。

保護者の方との面談は、ご希望の方に毎年春先に行っていたのですが、
今年はやりそびれてしまったため、個別に必要性に応じて何回か行って
います。

何でそこまで…??というご意見もあるか思いますが、ピアノという習い事の
特性として「毎日の自宅での練習の必要性」というものがあります。

保護者の方には、毎日練習を見守っていただかなければなりませんし、
場合によっては上手に声をかけていただかないといけない場面も
多々あるわけです。

レッスンをしている指導者の立場としても、「いったい自宅での練習はどうなって
いるのだろう…??」と感じることもありますし、「もっとこんなところに気をつけて
練習をすると格段に良くなるのに…」と思うこともあるわけです。

その双方の意見を交換することで、得られるメリットというのは大いにあり、
面談の必要性を感じています。

そして実際に保護者の方とお話ししてみると、お話しは尽きることがなく、
私としては大変有意義な時間だな~と感じるところが多くあります。

前置きが長くなりましたが、Nちゃん、本当に素直な良いお子さんですが、
今は反抗期のまっただ中なようで、お母さんとしては、接し方にもご苦労されて
いるようでした。

レッスン室でのNちゃんの様子は、たいていご機嫌で、楽しそうにレッスンを受けて
いますが、たまに注意をすると、プ~っと怒ったようすになり、うっすらと涙が
滲んでいることもあったりしました。

一度、「注意をされたところを全く直さないで、毎回同じことを指摘されて
いるようだと、何回レッスンを受けても仕方がないね~」と言ったところ、
「フンッ」という顔をして「プイッ」と帰って行ったことがありました。

でもすぐその後に「ピンポーン」と戻ってきて
「自転車の鍵、忘れた。」と言って、照れくさそうに「ニコッ」としていました。

「ダメじゃな~いの~。」などと言うとお互い笑顔になり、相変わらず可愛いな~と
思ったりしたこともありました。

レッスンをしていると、どんなお子さんでも4年生の頃、反抗期?!という時が
あります。

何を言っても無反応になってしまったり、ちょっとムッとした様子を見せたり、
そんな瞬間を垣間見ることがあります。

そんな時、「お~きたな~、大人への階段に足をかけているのだな~。頑張れよ~」
と思います。

反抗期というのは、親にとってはちょっと厄介な時期ではありますが、
きちんとした成長の一過程ですし、親から自立したい、という意思の表れでもあり、
それがないようでは、いつまでも幼くて、しっかりと自分の足で立つことが出来るように
ならないと思います。

生涯反抗期なのでは??と思う自分の娘を見ていると気付かないのですが、
生徒さんを見ていると、どのお子さんも、お母さんの言う言葉に実に敏感だと
感じます。そして、無意識のうちにお家の方の期待に応えたい、と思っている
のだと感じます。

それを充分わかっていて、でも素直に言うことを聞くのは何だかね~という葛藤を
感じるのが反抗期なのかな~と思います。

どのお子さんもそうですが、その反抗期を過ぎると、実に素直にちょっぴり大人びて
また新たな一面を見せてくれたりします。

何と言うか、レッスンをしていても、より心が寄り添えているな、と感じられるように
なることが多いです。

日々成長している子供たちに、親として、指導者として、置いていかれないように
一緒に成長していかないと(老いていくことではない…?!)いけないと思います。
大人の場合成長というより気持ちを切り替えていくという感じでしょうか…。

大いなる可能性を秘めている子供たち、大人の方で勝手に限界を決めてしまったり、
道を狭めてしまうことのないよう、大らかな気持ちで見守っていきたいものです。

一人一人違う(あらゆる面で)お子さんですから、こちらの接し方もそれぞれに
合わせたものにしていきたいと常に考えています。
それは、また、音楽の表現が何通りもあり、その中から選択していくのと
よく似ているように思います。

Nちゃんもピアノは楽しくレッスンに臨めているようですので、これからもピアノが
心の拠り所になり、Nちゃんの支えになれるよう、一緒に考えていきたいと思います。
by piano_de_ongaku | 2010-07-05 10:09 | レッスンでのひとこま♪ | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://masaemon.exblog.jp/tb/12905693
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by musictown at 2010-07-09 11:12
反抗期の子の扱い方は難しいですよね。うちの娘の場合は、私が、そのくらいの時期で反抗期が来る、ってことを知らなくて、対処に失敗したことがあります。
親御さんとのコミュニケーションもとても大切ですね。
Commented by piano_de_ongaku at 2010-07-12 11:03
コメントありがとうございます。本当に日々親御さんとのコミュニケーションの大切さを実感します。直接お話ししてみないとわからないこともたくさんありますね。私は基本的に内気なもので…(^^ゞ

ここでは、自分と「ピアノdeおんがく」の仲間たちのレッスンについてダイアリー形式でご紹介します。
by piano_de_ongaku
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

新規生徒さん募集中♪

幼稚園児だった娘とそのお友達にピアノを教えたことがキッカケで始めたお教室も、今年で20年目を迎えます。

"自分で読んで、一人で練習が出来、弾けるようになること"そして"音楽で仲間と交流できること”
を目指してレッスンをしています。

教室についての詳細は、教室ホームページの「what's new」をご参照下さい。

読譜など基本的なことを覚えて弾ける楽しさを経験すると、その後のレッスンはスムーズに進みます。

教室ホームページはこちら→HP
お問合せはこちら→「お問い合わせ」です。

空き時間やレッスンの詳細につきましては、お問い合わせ下さい。

レッスンの目標や指針として、ミュージックキーの認定試験を導入し、小さなハードルを繰り返し乗り越える経験をしながら楽しくレッスンをしていきます。

ピアノをお持ちの方、もしくはこれから購入予定の方、
ご連絡をお待ちしております♪

フォロー中のブログ

最新のコメント

I先生、こんばんは。 ..
by piano_de_ongaku at 23:05
先生、こんばんは。 動..
by TAKAKO・I at 18:45
I先生、コメントありがと..
by piano_de_ongaku at 19:44
先生、こんにちは。 先..
by TAKAKO・I at 18:37
ありがとうございます。 ..
by piano_de_ongaku at 22:02
いつもながら先生のお言葉..
by TAKAKO・I at 18:55
I先生、ありがとうござい..
by piano_de_ongaku at 18:29
発表会のご盛会、おめでと..
by TAKAKO・I at 17:11
endopiano様 ..
by piano_de_ongaku at 11:37
娘さんの受験、お疲れさま..
by endopiano at 12:56

ブログジャンル

イラスト:まるめな