piano de ongaku DAYS

ステップに参加しました♫

6月13日に行われたピティナピアノステップにお教室から10名の
生徒さんが参加しました。

10名の皆さん、それぞれのステップに合格おめでとうございます。

今回もS評価をいただけた生徒さんが3名いました!
皆さん日頃の練習やレッスンの成果を充分に発揮できたと思いますし、
それぞれ大きなステージを経験したことで、大きな成長があったと
思います。

今回は、1つの部に生徒さんがまとまって出演することが多く、
良かったこともありましたが、午前中の部では、初めての参加の生徒さん
も多い中、出番が続いてしまい、客席とステージ裏を行ったり来たりで、
走り回り、大汗をかいてしまいました。

それでも、生徒さんは皆さん落ち着いて、ほぼいつも通りの演奏が出来て
いたようでしたし、ステージマナーもバッチリでした。

足台を使った生徒さんの演奏はステージ裏でしか聴いていませんが、
お教室の生徒さんの音は素直な響きのある音で上品に演奏されていたように
思います。

お洋服もかわいらしく、黒靴で統一されていて、とても好感が持たれました。

それぞれの生徒さんについてのコメントは、審査員の先生方のコメントも
読ませていただいたうえで書いてみたいと思いますが、

特に応用6に参加した中1のCちゃんの演奏は、レッスンの成果が見事に
現れた素敵な演奏でした。
審査員の先生方から頂いた評価もSSA,AASとありがたいものでした。

Cちゃんは小2の時からピアノを習い始め、当初は電子ピアノで練習
していたりという環境の中でしたが、本当にコツコツと頑張る生徒さんでした。

一緒に習い始めた妹さんに先を越されてしまった時期もあり、お母さんは
心配していたなどということもありましたが、そんな時でも、くさった様子も
なく、淡々と自分の練習を進めていたことが、今でも思い出されます。

その姿は本当に印象的で、努力は決して裏切らないものだと教えられました。

そして、日頃のレッスンに対してもとてもまじめに取り組んでいて、
「こういう練習をしてみたら」、とか、「こんな表現はどうか」、などというアドアイスを
本当に素直に受け入れてやってみる、という生徒さんです。

実は、直前の合同レッスンでも、そんな今までのレッスン風景がよみがえるような
演奏を聴かせてくれて、何とも言えない感動を受けました。

それと同時にレッスンをすることの怖さというか、責任の重さを感じました。

テクニックにせよ、音楽の作り方、メロディーの歌わせ方、音の響かせ方、、、
教えてきたことがそのまま演奏になって現れてくること、、、それはこういうこと
なのか…としみじみ感じ入りました。

ここまで素直についてきてくれたことへの感謝の気持ちもありました。

私ももっともっと勉強していかないといけない…と実感です。

素直な生徒さんであればあるこそ、一声かければ演奏がどんどん変わっていく…
その方向は決して間違ってはいけないと感じました。

そういう意味でも、こうしたステップに参加して、経験豊かな先生方のご意見を
伺うことの必要を感じます。

審査の結果に一喜一憂する必要などありませんが、例えばCちゃんのいただいた
コメントで
「音楽の作り方がとても良かった」だとか
「テクニックも大体良い」
「正しいテンポで仕上がっています」
「アゴーギグを上手に使っています」
「良い流れの音楽性があります…」などというものがありますが、
音楽の方向性が間違っていなかった、ということが確認出来て良かったと
思います。

勿論、演奏者の個性もありますから、何とも言えない部分ではありますが、
本人や先生が気持ちが良いと感じているだけで、一般的におかしな表現になっていたり、
偏ったテクニックになっていたり、ということでは、困ると思うのです。

そういった意味でも、誰でもが気軽に参加できるステップというステージは、
ありがたいものですし、参加する生徒さんにとっても、指導者にとっても大変
勉強になる良い機会だととらえることが出来ます。

参加するには、どのステップに参加させるのか、曲はどんなものを選ぶのか、
それぞれの生徒さんを本番で一番良い演奏が出来るようにレッスンしていくの
にはどうしたら良いか、また、さらに効果を上げるために合同レッスンを企画
したり、保護者の方とお話ししたり、そして、当日のお世話など・・本当に
大変と言えば大変なことばかりです。

それでも、ステージに参加することで、生徒さん本人も保護者の方もお子さんの
演奏に関心を持って下さることで、日頃のレッスンに与える良い影響は多い
と思いますし、何より参加した本人が、大きなホールのステージでライトを浴びて
一人で演奏出来たこと、で得られる自信というものが、何より大きな収穫ではない
かな~と思います。

今回2回目の参加になった小2のAちゃん、初めてS評価をいただきました。
Aちゃんは前回のステップで遅い時間の我が家の娘の演奏をわざわざ聴きに
きていました。ご両親そろってこのブログも熱心に読んで下さっているそうです。
そのようなピアノに対する熱心さが評価につながったのだと思います。

もう一人、合同レッスンで優秀者に選ばれたJ君もSをいただきましたが、
彼も小3のころから習い始めましたが、最初のころはふざけてばかりで、ほとんどが
遊び弾きタイムでした。それでも、ピアノが好き!という気持ちで続けてきて、
最近では練習もよく頑張っていますし、きちんとレッスンの終わりに
「ありがとうございました~!」と言って帰ります。

お家の方も教本の進み具合のことや、妹さんとの進度の違いについて気にされて
いたこともあったと思いますが、温かく見守って下さっていました。

S評価をいただいた3人に共通していることは、きちんとご挨拶が出来ること、があります。

評価というのは、たった1回の演奏に対してのものですから、AでもBでもそのこと
自体を気にかけることもありませんが、ちょっとした心掛け1つ、気持ちの持ちようで
変えていかれるかもしれないな~と思うところもあります。

長くなりましたので、今日はこの辺で…。

お教室に入ったばかりで、今回初参加のYちゃん、Aちゃんも、ステップが
とても気に入ってくれたみたいで、ステップ後の昨日のレッスンでは
今までとは態度もやる気も全然違い、本当にステップアップしてしまいました。

参加された生徒さん、保護者の皆様、お疲れ様でした。

また、次回も頑張って参加して行きましょう!!

感想やご意見などありましたら、お教室専用掲示板に書き込みを
是非お願い致します。
by piano_de_ongaku | 2010-06-15 14:04 | ピティナピアノステップ♪ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://masaemon.exblog.jp/tb/12807625
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

ここでは、自分と「ピアノdeおんがく」の仲間たちのレッスンについてダイアリー形式でご紹介します。
by piano_de_ongaku
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

新規生徒さん募集中♪

幼稚園児だった娘とそのお友達にピアノを教えたことがキッカケで始めたお教室も、今年で20年目を迎えます。

"自分で読んで、一人で練習が出来、弾けるようになること"そして"音楽で仲間と交流できること”
を目指してレッスンをしています。

教室についての詳細は、教室ホームページの「what's new」をご参照下さい。

読譜など基本的なことを覚えて弾ける楽しさを経験すると、その後のレッスンはスムーズに進みます。

教室ホームページはこちら→HP
お問合せはこちら→「お問い合わせ」です。

空き時間やレッスンの詳細につきましては、お問い合わせ下さい。

レッスンの目標や指針として、ミュージックキーの認定試験を導入し、小さなハードルを繰り返し乗り越える経験をしながら楽しくレッスンをしていきます。

ピアノをお持ちの方、もしくはこれから購入予定の方、
ご連絡をお待ちしております♪

フォロー中のブログ

最新のコメント

I先生、こんばんは。 ..
by piano_de_ongaku at 23:05
先生、こんばんは。 動..
by TAKAKO・I at 18:45
I先生、コメントありがと..
by piano_de_ongaku at 19:44
先生、こんにちは。 先..
by TAKAKO・I at 18:37
ありがとうございます。 ..
by piano_de_ongaku at 22:02
いつもながら先生のお言葉..
by TAKAKO・I at 18:55
I先生、ありがとうござい..
by piano_de_ongaku at 18:29
発表会のご盛会、おめでと..
by TAKAKO・I at 17:11
endopiano様 ..
by piano_de_ongaku at 11:37
娘さんの受験、お疲れさま..
by endopiano at 12:56

ブログジャンル

イラスト:まるめな