piano de ongaku DAYS

振替レッスンについて♪

新年度が始まり2週間。
気合を入れて緊張して始まった新学期の疲れがボチボチ出てくるころのようです。

体調を崩していたり、少しぼーっとしてしまっている生徒さんもいました。
後少し頑張ると連休ですので、そこまで少しの辛抱ですね。

教室では、4名の新しい生徒さんをお迎えして始まった新年度です。
生徒の皆さまには今年度の教室規約をお配りしております。

教室の規約は、在籍する生徒さんの様子や教室サイドの体制により、毎年少し内容を変えて対応しています。
特に毎年考えているのは、振替レッスンについてです。

前年度は空き時間が若干ありましたので、生徒さんの都合によるお休みの際は有料で振替対応していました。

振替と言っても、生徒さんも一週間のうちにレッスンに来られる日は子の曜日だけ、などという生徒さんも少なくなく、こちらの空き時間と都合が合わないことも多く、振替の対応ができる方とそうでない方がいらっっしゃいました。

そうしたわけで振替は有料にしていましたが、年間のレッスン回数を確保し、講師の都合(体調不良も含む)によるお休みの振替も行っていますので、さらに生徒さんの都合による振替の対応もしていると、年度末はほとんどお休みなしという状態になってきます。

そこで今年度は、生徒さんの都合によるお休みの際の振替レッスンは原則として行わないということにさせていただきました。
とは言っても、お休みが続いてしまった場合や、本番前などは状況に応じて対応していきたいと考えています。

プールなどのように集団でレッスンを行っているものではなく個別レッスンで、レッスン室も1つ、講師も一人、さらに今年度は空き時間がない状況ですので、ご理解をいただきたいと思います。

また、今年度内に振替レッスンのご要望がたくさんあるようでしたら、来年度は、レッスン回数を少なくして振替日を設けるなどの対応を検討したいと思います。







# by piano_de_ongaku | 2018-04-20 21:17 | その他♪ | Trackback | Comments(0)

体験レッスンを行いました♪

新学期が始りました。

年度末におこなった教室の「おんがく会」後の初レッスンとなった初回のレッスンでは、「た~くさん練習してきたよ~!」という生徒さんが大勢いらっしゃいました。
嬉しいです!!

発表会は上手に行えばこうした成長を目の当たりにすることが出来ます。
準備から大変なことも多いのですが、こうした姿を見ることができると本当にうれしいです。

学年も上がり一回り大きくなってしっかりしてきたな~という生徒さんもたくさんいます。
素敵です!!

初回のレッスンが良い感じ進められると気分もとても良いですね。
演奏もそうですが、始めと終わりは特に大切です。

おかげさまで気持ちの良い新年度スタートとなりました。

そして、火曜日には、教室に在籍する生徒さんのご紹介の方の体験レッスンを行いました。
ご両親と一緒にいらして緊張ぎみだった小2のYちゃんですが、しっかりと課題に取り組んで、鍵盤にグー、チョキカードを置いたり、指番号の練習をしたり、オリズムピックの本でリズムの体験などを行いました。

とても明るいご両親で、お話が盛り上がってしまい時間も長くなってしまいましたが、すぐにでもレッスンを始めてみたいとおっしゃって
いただき、来週からいらしていただくことになりました。

ありがとうございます!!

ピアノについてはこれからご用意くださるとのことですが、未来ある大切なお子様の使われる楽器はピアノであって欲しいと思います。
住宅のご事情等もあり難しいところですが、ピアノでないと味わえなえない楽しさがたくさんありますので、レッスンの中ではたくさんピアノを弾いてもらえるようにしていきたいと思います。

そうした理由から当教室のレッスンは40分にしております。
生徒数は増やせないものの、いらしていただく大切は生徒の皆さまに楽しく学んでいただくために教室スタート当初からのこだわりです。

次回の「おんがく会」ではさらに成長した姿がみられるよう一年間、生徒さん、保護者の皆さまと共に頑張っていきたいと思います。



# by piano_de_ongaku | 2018-04-12 11:51 | レッスンでのひとこま♪ | Trackback | Comments(0)

教室「おんがく会」終了しました♪

331()に第12回ピアノdeおんがく会が無事に終了しました。
e0043723_23434370.jpg

今回は、会場の雰囲気がとても良く、落ち着いたおんがく会になりました。

そして、全体的に前回と比べて成長を感じられる生徒さんが多くいたことが印象的でした。


本番はどの生徒さんもドキドキで緊張もマックスだったと思いますが、レッスンで学んだことを思う存分発揮しようとしていたよことがよくわかりましたし、自分らしく表現したいという気持ちが伝わってくる演奏もたくさん聴かれました。


毎日の部活で思うように練習時間もとれない中、中学生や高校生の生徒さんが参加してくれたこともとても嬉しかったです。


アンサンブルの部のファミリー連弾では、9組のご家族の皆様にご出演いただき、1台のピアノを囲んでの素晴らしいアンサンブルを聴かせて下さいました。


出演された皆さん、日頃の練習を応援して下さったご家族の皆様、受付を担当して下さった保護者様、スタッフとして手伝ってくれた生徒の皆さん、会場に足をお運び下さったすべての皆様、本当にありがとうございました。


今年も保護者の皆様からとても大きな花束をいただきました。

e0043723_23444545.jpg

こちらの会場は、ステージのピアノの移動や反響版の設置や照明、さらにすべての片付けまでを自分たちで行うことになっており、家族総出で行っております。
毎年朝からドタバタですが、特に後片付けは時間との戦いですので、汗だくです。
この写真は片付け後…。

何はともあれ全員参加で無事に終えることが出来てホッとしております。


保護者の皆様からは「とても楽しいおんがく会だった」とのお声をたくさんいただいており、開催して良かったと思います。


日々のレッスンの中で得られることもたくさんありますが、こうした本番を乗り越えることもとても有意義な学びがたくさんあります。

ここ一番で力を発揮できるようにする訓練というのは大切です。


ドキドキするからやらない、と言っていたのでは、乗り越えることが出来ません。

本番のステージ経験が多い生徒さんほど成長は大きいものです。


明日からは新しい生徒さんを2名お迎えし、新年度のレッスンが始まります。


さらに体験レッスンの申込みもいただいております。

春休み前に6月のステップや7月のコンペの参加を決めて課題に取り組んでいる生徒さんもいます。


来年のおんがく会では、また一回り大きく成長した姿を見ていただるよう今年度も頑張っていきたいと思います。
どうぞ宜しくお願い致します!


# by piano_de_ongaku | 2018-04-06 23:49 | おんがく会♪ | Trackback | Comments(0)

新しい生徒さんを2名お迎えしました♪

先週はお2人の体験レッスンを行い、新しい生徒さんを2名お迎えすることになりました。
いずれもお兄さんやお姉さんがレッスンを受けているご兄弟です。
新年度からは新しい生徒さんが3名になりとても嬉しい春になりました。

今回ご入室が決まったお2人は、すでにやる気満々のご様子で、年中さんのYちゃんは、すでに五線の音符はすべて読めるようになっており、ご自宅でお兄ちゃんの楽譜を読んで弾いているようで、頼もしい限りです。

もう一人の小2のH君も、とにかくピアノが好き、やりたい!という意欲が溢れていることが見てとれるので、4月からのレッスンが楽しみで仕方がありません。

ご自宅でお家の方と一緒にピアノを練習していただくのは素敵なことですが、導入期の指導というのは、その生徒さんのピアノ人生を左右することにもなりかねないほど重要なところです。

押さえておきたいポイントを一つでも外してしまうと、後々の成長に大きく影響を与えてしまいかねません。
レッスンを始める生徒さんの年齢に関わらず、基礎から丁寧に見させていただきたいと思っております。

そして、ピアノのレッスンには、タッチや腕の重さのかけ方によって音色を変化させられるアコースティックピアノが不可欠です。
小さなお子様であればあるほど、可能性は無限大です。

日々の練習に使う楽器によって、学べることの多さが全く違います。ピアノの上達には欠かせない日々の練習ですが、その練習に使う楽器はとても大切なものです。
音や響きを聴き分ける耳が育つ大切な成長期にあるお子様が使う楽器です。
毎日の練習を頑張る生徒さんには、是非、ピアノをご用意していただきたいと思います。

さぁ、いよいよ次の土曜日は、教室「おんがく会」です。何とか全員の生徒さんが暗譜にこぎつけています。

楽しい春休みも始まりますが、「おんがく会」も楽しい思い出の一つになりますよう、準備も万端で臨んで欲しいです。
保護者の皆様からの練習へのお声掛けなど、ご協力もお願い致します。



# by piano_de_ongaku | 2018-03-25 14:17 | レッスンでのひとこま♪ | Trackback | Comments(0)

もうすぐリハーサル♪

慌しい年度末です。


実父が緊急入院し手術、その上、パソコンが故障…。

まったく困ったものです。


それでも、ようやく確定申告書を提出し(ギリギリ(^^;)、新年度のレッスンスケジュールを組んで、教室発表会のプログラムと司会の原稿を作成しました。


父の手術の際もレッスンをしておりましたが、何とか持ち直し、おかげ様で先日無事に退院しました。

ここのところ入退院を繰り返している父ですが、母によると入院はいつも3月なのだとか…。


また、事務仕事を担っているパソコンは、新しいものを購入せざるを得ませんでしたが、設定やデータの移行などに手間取っています。

そして、何だかうまく操作できない…(-_-;)


救いは、バイト中にケガをして春休みになった娘が毎晩夕飯を作ってくれていることです。

レッスン中に良い匂いが漂ってしまうこともあり、生徒さんには申し訳ないのですが、レッスン後に夕飯が食べられるとは本当にありがたいことです。


文字通り慌しい年度末ではありますが、教室では、間近にせまったリハーサルに向けて熱いレッスンを行っております。

すでに暗譜を終えている生徒さんも、楽譜を見ても通して弾けない生徒さんもいますが、現状に満足することなく、少しでも良い演奏になるようあえて厳しいことも言っております。


ピアノは正しい方向で学習すれば、脳トレのツールになりますが、大きなステージでの本番を乗り越えることや、本番に向けて努力することや先生とのやり取りを通して、コミュニケーション力もつき、メンタルも鍛えることができます。


本番はドキドキでいろいろあるかもしれませんが、終わったときに、やり終えた充足感があれば嬉しいですし、頑張った成果は大きな成長につながります。


本番まであと2週間。

私も必死に練習しないとです。


頑張りましょう(*^^)v



# by piano_de_ongaku | 2018-03-15 23:34 | おんがく会♪ | Trackback | Comments(0)

新年度のレッスンスケジュール♪

久しぶりの更新になりました。
2月は3月末の教室「おんがく会」に向けての2回目の合同レッスンを行いました。
10時~17時までの間に合奏などのアンサンブルとファミリー連弾9組の練習を行いました。

ファミリー連弾に参加してくださった保護者様には、お子様のソロの曲のアドバイスも少し行いましたので、その効果かどうかはわかりませんが、その後のレッスンでは、見違えるようにスラスラ~っと弾けるようになってきた生徒さんがたくさんいます。

その他「おんがく会」に向けては、ホールや写真屋さんとの打ち合わせを行ったり、プログラムの打ち込み作業をしたり、司会の原稿を作成したりしています。

そうした「おんがく会」の準備を進める一方で、新年度のレッスンスケジュールを組んだり、確定申告の書類を作るために帳簿を見直したり…年度末の作業も行っています。

「おんがく会」では、連弾曲を3曲弾くのですが、なかなかピアノを練習する時間もとれず、だんだん焦ってきています。
あと10日でリハーサルです。

生徒さんの中には、暗譜もできて仕上げにかかっている生徒さんも多くいる一方、まだ楽譜を見ても止まらずに弾けないという生徒さんもいます。
こればかりは、自分で練習を頑張る以外にないので、ご家庭でのサポートも頼りながら、何とか自信をもってステージに立てるよう頑張ってほしいと思います。

年に一度の「ピアノdeおんがく会」が楽しい思い出に残る会になるよう(無事に終わるよう)準備をしていきたいと思います。

新年度からのレッスンスケジュールはほぼ決まってきており、4月から3名の新しい生徒さんをお迎えすることになりました。
新規の募集枠は残り1枠程度(幼稚園児さんに対応できる早い時間帯です)になりました。

今年に入り3名の生徒さんをお迎えしておりますので、教室も新年度からはさらに賑やかになりそうです。





# by piano_de_ongaku | 2018-03-08 01:05 | 日々のつぶやき♪ | Trackback | Comments(0)

かわいい招待状♪

幼稚園に通うKくんからかわいい招待状をもらいました。
e0043723_14581376.jpg

折り紙で折られた入れ物に入ったお手紙です。
「がまくんとかえるくん」良いですねぇ。
可愛いです。

Kくんは幼稚園の音楽会でバスマスター(だと思います)という楽器を担当することになったということで、レッスンに楽譜を持ってきてくれていました。

すべてヘ音記号で書かれた楽譜で、ピアノを習っている大きな生徒さんでしたらポジションの移動も指くぐりも何でも使って片手で弾ける楽譜だと思いますが、レッスンを始めて間もない幼稚園児さんには少し難しい楽譜です。

学校の伴奏譜もそうですが、いささか無理のある楽譜を平気で渡している傾向が見られ、ピアノの先生方の話題にのぼることもあります。

Kくんの場合は、ご家庭のフォローもあったのですが…にしても弾きにくいと思われる個所は両手を
使ってわかりやすく弾けるようにアドバイスをしたところもあります。

毎回レッスンの始めに弾いていたのですが、いよいよ本番が明日なのだそうです。

運よく時間が取れそうでしたので、聴きに行かせていただくことにしました。
楽しみです。
かわいい招待状ありがとう!!

そして、バレンタインデーだった昨日は、レッスンはお休みにさせていただいておりましたが、前日に手作りチョコを持ってきてくれた生徒さんがいました。
e0043723_14585511.jpg

こちらも可愛いです。
友チョコの中には本命チョコもあったのだとか…。

実は私、昨日、ぎっくり背中になってしましました。

年度末でおんがく会前ということで、家にいる時も気が付くとお仕事をしていることも多く、ずっと前傾姿勢だったかもしれません。(仕事楽しくてついつい…)

時々お世話になっている整骨院の先生にも背中バキバキと言われていたのですが、ふとした拍子に背中が…^^;

昨日は振替の生徒さんのレッスンを何とか行って、今日は午前中の予定をキャンセルしてだいぶ回復しました。

皆様、ピアノを弾くときもですが、正しい姿勢は大切でございます。
背中をピンと胸を張って、さっそうと歩きましょう(*^^)v




クリックして応援、宜しくお願いします!

にほんブログ村
# by piano_de_ongaku | 2018-02-15 15:00 | レッスンでのひとこま♪ | Trackback | Comments(0)

新しい生徒さんをお迎えしました♪

先週体験レッスンにいらして下さった小2のKちゃんがご入室されることになり、さっそくレッスンをさせていただきました。
昨年末から続いて新しい生徒さんをお迎えして、教室もにぎやかになりました。
ご入室いただき、ありがとうございます!!

Kちゃんには体験レッスンの際に、五線の音符の楽しい覚え方をお教えしたのですが、なんと一週間でスラスラと読めるようになっていました。

指番号札もお母様と一緒に作って下さったようで、記録がぐんと伸びていました。
わずか一週間での成長にビックリしたと同時に感動してしまいました。

1回の体験レッスンでの学びをご家庭でも熱心に取り組まれてレッスンにいらして下さる方はなかなかいらっしゃいませんので、とても嬉しかったです。

五線の音符カードで読めても実際の楽譜になるとまた少し違ってきますので、これから着実に読譜が出来るようレッスンをしていきたいと思います。

新しい教室でレッスンを始めた直後というのは、とても張り切っている時期だと思います。

初回のレッスンは「楽しかった!」とおっしゃっていただいているようですが、これからも「わかって楽しい。弾けて楽しい。」というレッスンを常に工夫していきたいと思います。

ピアノもお持ちだということですので、これからご自宅での練習も習慣になるよう応援していきたいと思います。

どうぞ末永く宜しくお願い致します。

教室では、在籍されている生徒さんのご都合を伺って、現在新年度からのレッスンスケジュールの調整に向けて準備を行っています。

まだまだインフルエンザも大流行中ではありますが、年度末の教室おんがく会では、レッスンの成果を存分に発揮できるようしっかり練習も頑張っていきましょう(*^^)v




クリックして応援、宜しくお願いします!
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
# by piano_de_ongaku | 2018-02-11 22:45 | レッスンでのひとこま♪ | Trackback | Comments(0)

体験レッスンを行いました♪

先週の土曜日に体験レッスンのご依頼をいただきましたので、小2の女の子さんの体験レッスンを行いました。ご家族そろっていらして下さいました。

他のところで習っていらしたということでしたので、こちらの教室のレッスンの進め方などについてお話させていただいた他、音符の楽しい覚え方や指番号の練習の仕方などを体験していただきました。
とてもしっかりしていて、反応の良いお子様で、短い時間ではありましたが、とても楽しいひと時となりました。
いらしていただき、ありがとうございました。

ピアノを始めるというと小さなお子様というイメージもありますが、ここ最近にご入室いただいた生徒さんは、小2~6という年齢のお子様が多くいらっしゃいます。

その中には、ピアノは初めてというお子様もいらっしゃいましたが、他で習っていたというお子様もいらっしゃいます。

中には他のところで5年くらい習っていたけれど、楽譜が読めるようにならなかったというお子様もいました。
「ピアノを習えば楽譜が読めるようになると思っていたのに…」とおっしゃる保護者の方とお話するたびに、そうありたいものだと痛感します。

当教室では、読譜に力を入れてレッスンをしておりますので、レッスンを重ねている生徒さんは、しっかりと自分の力で楽譜を読んで、簡単なものなら初見で両手奏が出来るようになっています。
日々指導をしていて痛感するのは、読譜というのは奥が深いということです。

音符の高低は勿論、鍵盤の配列、リズムの理解、拍子感、果ては指先の器用さ、目と頭と耳の一致など…すべてのことが出来ていないと、初見で楽譜を見て演奏することが出来ません。

楽譜が読めないという生徒さんの原因はそれぞれ多岐にわたりますので、それを見つけてあげて克服できるように訓練してあげる必要があります。

ただ単に音符がすばやく読めないということでしたら、努力次第ではありますが、3か月もすればかなり読めるようになり、他のお教室からいらした生徒さんや保護者様は驚かれることもあります。

また逆に、楽譜が読めるようになったからもうやめても良いなどと言われてしまうこともありましたが、導入期や初級程度の楽譜が読めるようになったところでやめてしまうのは、とてももったいないことだと思います。

ご本人が弾きたいと思う曲に出会った時に、自分で楽譜を選んで、それを弾いて楽しめる!!というところにたどり着くことや、ピアノの演奏が出来ることや譜が読めることを通して他の人とのアンサンブルが楽しめるなどという域に達してこそ、ピアノを習っていて、また続けていて良かったと思わ
れるのではないかと思います。

読譜が出来ることと演奏とは、また別の話になりますが、まずはスラスラと楽譜が読めることから練習は始まりますので、お子様が少しでも楽に練習が出来るようとにかく工夫をしたいと思っております。

ピアノが上手になるかならないかは、ご本人の資質以上に環境が大きく左右してきます。

ピアノにじっくりと取り組める時間が取れるか取れないか、また練習することで音色が変わってくることがわかる楽器(生ピアノ)を使って練習が出来るかどうかなどです。

話がだいぶそれてしまいましたが、ピアノを習ってみようかなとお考えの方の参考になることがあれば嬉しいと思います。

4月からレッスンを始めたいというご相談をお受けする時期となってきました。

早めに現在在籍されている生徒様の新年度のレッスンスケジュールを調整して募集枠を確定したいと思います。

遅い時間帯や土曜日でも大丈夫という方や15時~レッスン可能という方は是非お問い合わせください。





クリックして応援、宜しくお願いします!
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
# by piano_de_ongaku | 2018-02-06 14:44 | レッスンでのひとこま♪ | Trackback | Comments(0)

おんがく会前の合同レッスン♪ その1

新年度が始まり、おんがく会の選曲、アンサンブルステージの準備等ですっかり更新できずにあっという間に2月になっておりました。

昨日は、3月末のおんがく会に向けて1回目の合同レッスンを行いました。

前半は年長さんと1年生のベルアンサンブルと連弾の練習でした。

まだみんなが集まると緊張してしまう生徒さんもいるようで、日頃のレッスンと比べると少し静かにスタートしましたが、練習が進むうちに打ち解けてきて、笑顔が見られるようになってきました。
ベルは自分が叩いていないところも楽譜を見て拍子を数え続けなければ出遅れてしまいます。

一度演奏が始まってしまうと終わりまで気を抜くことが出来ず、かなりの集中力を要します。
短い時間ではありましたが、皆よく頑張りました。

後半は、小2~6年生までのぐるぐる連弾と器楽合奏の練習を行いました。

今回は楽譜を渡されてすぐに1回目の練習になりましたので、どのようになるかな??と思っておりましたが、慣れているメンバーも多くいましたし、皆さんの頑張りで一回目の練習で曲の形が整うところまで進みました。

リコーダーも鍵盤ハーモニカも学校で演奏しているような曲よりもレベルの高いものになっています。

特にリコーダーは大人が吹いても難しいというような箇所もありましたが、少しレッスンをした後
パート練習をしてもらったところだいたい出来るようになっていました。(頑張りました!!)

鍵盤ハーモニカチームも検討しています。

そして打楽器チームは、何と入室されたばかりのメンバーが担当することになり、まだ習っていないリズムもたくさん出ていましたが、頑張って練習についてきてくれました。

パート練習では、入室6年目の4年生の先輩生徒さんを始めとして、上級生が上手にサポートしてくれている様子が見られ、ちょっと感動してしまいました。
e0043723_238321.jpg

何が嬉しかったというと、教わっていた生徒さんが「とってもわかりやすく教えてもらった!!」と言ってくれたことです。

わかりやすく教えることが出来たとは、何とも嬉しいことです。

教室のレッスンでは、とにかく読譜に力を入れています。
音符を正確に読み書きすることは勿論ですが、リズムも正しく正確に頭で理解し身体で表現できるように日々指導しています。

読譜の肝はリズムだと思っているので、リズムをわかりやすく教えることが出来ていたのだとしたら、これ以上に嬉しいことはありません。

子供たちだけが集まって行う練習の中にはいろいろな場面がありますが、今回は、入室から4~5年目を迎える中学年あたりの生徒さんが多くいるので、合奏のレッスンもとてもスムーズに進めることが出来て、とても良いアンサンブルになる予感がします。
e0043723_2395447.jpg

夏休みや冬休みのグループレッスンも全員参加が定着してきていることもあり、落ち着いていて雰囲気もとても良かったです。

それもこれも日頃よりレッスンにご理解とご協力下さっている保護者の皆様のおかげと心より感謝しております。

合同レッスンに参加された生徒の皆さん、お疲れ様でした。
会場の設営や片付けにご協力いただきました保護者の皆様、ありがとうございました。

2回目の合同レッスンでは、ファミリー連弾にご参加下さる皆様にもいらしていただく予定です。

インフルエンザも大流行中ではありますが、体調に気を付けて、計画的にピアノの練習も進めていただけると良いと思います。

今年も思い出に残る素敵なおんがく会になりますよう、頑張っていきましょう(*^^)v




クリックして応援、宜しくお願いします!
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
# by piano_de_ongaku | 2018-02-05 22:56 | おんがく会♪ | Trackback | Comments(0)

ここでは、自分と「ピアノdeおんがく」の仲間たちのレッスンについてダイアリー形式でご紹介します。
by piano_de_ongaku
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

新規生徒さん募集中♪

幼稚園児だった娘とそのお友達にピアノを教えたことがキッカケで始めたお教室も、今年で18年目を迎えます。

"自分で読んで、一人で練習が出来、弾けるようになること"
を目指してレッスンをしています。

教室についての詳細は、教室ホームページの「what's new」をご参照下さい。

読譜など基本的なことを覚えて弾ける楽しさを経験すると、その後のレッスンはスムーズに進みます。

教室ホームページはこちら→HP
お問合せはこちら→「お問い合わせ」です。

空き時間やレッスンの詳細につきましては、お問い合わせ下さい。

ご連絡をお待ち致しております♪

レッスンの目標や指針として、ミュージックキーの認定試験を導入し、小さなハードルを繰り返し乗り越える経験をしながら楽しくレッスンをしていきます。

ブログパーツ

フォロー中のブログ

最新のコメント

I先生、こんばんは。 ..
by piano_de_ongaku at 23:05
先生、こんばんは。 動..
by TAKAKO・I at 18:45
I先生、コメントありがと..
by piano_de_ongaku at 19:44
先生、こんにちは。 先..
by TAKAKO・I at 18:37
ありがとうございます。 ..
by piano_de_ongaku at 22:02
いつもながら先生のお言葉..
by TAKAKO・I at 18:55
I先生、ありがとうござい..
by piano_de_ongaku at 18:29
発表会のご盛会、おめでと..
by TAKAKO・I at 17:11
endopiano様 ..
by piano_de_ongaku at 11:37
娘さんの受験、お疲れさま..
by endopiano at 12:56

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな