アンサンブル体験会♪

久しぶりの更新(^^;
暑い暑いと言っているうちに気づけば8月になっていました。

7月末の土曜日に地元自治会の夏祭りがあり盆踊りチームの一員として踊りに参加したのですが、少し風邪気味だったところへ雨の中の盆踊りで、夏風邪をひいてしまったようです。
昨日一日ゆっくり休み、だいぶ回復しました(^^;

7月30日(日)は、ピティナ地元地区の「夏休みアンサンブル体験会」が行われ、教室から2名の生徒さんが参加しました。
今年はチェロとのアンサンブル。

ごく間近でバイオリンやチェロの生演奏を聴く機会などそうあるものではありません。
しかも、日頃のレッスンで弾いているような曲で一緒にアンサンブルの体験ができるとは、贅沢な体験会です。
地元地区で知る人ぞ知る人気イベントということで、小1から中3まで27名の生徒さんが参加という大盛況でした。

教室生の皆さんにも参加できそうな生徒さんにはご案内しましたが、今年は参加できなかった生徒さんも是非次回は挑戦してみてくださいね。聴講だけでも勉強になりますよ。

昨年に続き2回目の参加となった小3のKちゃんは、準備もバッチリで、チェロの演奏を聴きながら気持ちよさそうに自分のパートを弾いていました。
チェロのパートの動きもすっかり頭に入っていたようで、掛け合いの部分も上手に会話が出来ていました。
チェロ奏者からのアドバイスにも即座に反応できている様子があり、最後に通した時には素敵なアンサンブルになっていました。
「上手だね」と言われていて、嬉しかったね。

そして今回初参加の小4のKちゃん。
こちらも初回の演奏からチェロのパートの動きをしっかり聴けて上手にタイミングを合わせて演奏していました。強弱もつけて、盛り上がるところをしっかり弾くようにレッスンしてきましたが、しっかり弾けていてとっても素敵なアンサンブルになっていました。
相手の音を聴いてしっかりと合わせるところと、自分の主張をしっかりするところのメリハリも大切です。
これをきっかけに継続して参加できると良いですね。

すべての参加者の皆さんの演奏を聴かせていただきましたが、ピアノとしての演奏はバッチリでも、呼吸がなく間のとり方が今一つという演奏もありました。
一人でピアノを弾いていると、息を合わせるという意識をしないので、呼吸を忘れてしまいがちです。
ブレスをすると言っても、実際に息が吸えるかというと難しかったりします。

今回も参加にあたりレッスンの中で鍵盤ハーモニカを大いに活用しましたが、前回のおんがく会で生徒の皆さんが鍵盤ハーモニカを相当練習したので、息、息、と言うと身体で理解できるようで、合わせるさほど苦労せずに出来たと思います。

長い音符と短い音符の組み合わせのフレーズは、長い音符が短くなってしまいがちですが、そこに相方のパートの動きが入っていることが多いので、その長い音符を弾いているときに弾きながら聴くということを体感でき、気持ち良く演奏できたのではないかと思います。

お2人ともとても良いアンサンブルをさせていただき、本当に良かったです。
チェロの素敵な音色に癒されました。

この経験を今後のピアノ演奏に活かして、頑張っていきましょう。




クリックして応援、よろしくお願いします!

にほんブログ村

# by piano_de_ongaku | 2017-08-01 12:20 | その他♪ | Trackback | Comments(0)

岩瀬先生の講座を受講しました♪

今年度の継続セミナーの3回目、テクニック編で、
「右脳を発達させるテクニック!新しいアプローチで効果倍増!」を受講しました。
e0043723_12552416.jpg

昨年度に続けての受講ということもあり、内容もよく理解でき、実際に生徒さんに使ってみて感じていたことについてもさらに納得でき、さらに効果的に活用していこうという意欲が湧いてきました。

演奏にもテクニックが不可欠ですが、指導にもテクニックが必要です。
同じテキストを使用しても、言葉がけや進め方、アプローチの仕方によってその効果は違ってきます。

講座を受講するだけではなく、レッスンをしていく中で自分なりに工夫していくことの必要性も感じます。

前回のリズム指導にしても同様ですが、左脳で理解しただけでは演奏に結びつかず、ピアノで弾いた際に活かされません。

右脳にダイレクトに働きかけること、楽しいと感じながら取り組めることを指導者サイドが充分に意識して行うことがいかに大切なことかを毎回の講座で学ばせていただいています。

ピアノは脳に良いと言われていますが、右脳を活用することを意識したレッスンを行わないと、その効果は十分に発揮されません。

教えていただいた指導テクニックを早速、夕方からのレッスンで実践。
お~、いつものテキストに取り組む生徒さんの目の色が変わった?!
凄い!!

この暑さで体力も奪われ、思うように活動できないこともある日々。
先週は体調不良でレッスンをお休みしてしまった日もあり反省です。
涼し気ないただきもので元気を回復。ありがとうございます。
e0043723_12562668.jpg

e0043723_1256423.jpg

楽しい夏休みも目前ですが、この暑さの中レッスンに通っている生徒さんにとって毎回のレッスンがより充実したものになるよう尽力したいと思う今日この頃です。

教室の生徒の皆さんにとって、夏休み中のレッスンがより実りの多いものになるよう今年も「グループレッスン」を行います。

教室生の皆さま、是非、ご参加いただけますよう日程の調整をお願いします!





クリックして応援、宜しくお願いします!
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

# by piano_de_ongaku | 2017-07-12 12:58 | 指導向け講座♪ | Trackback | Comments(0)

ピティナピアノコンペティション♪

昨日は、地元地区のコンペがありスタッフとして一日お手伝いをさせていただきました。

誘導係でしたので、10時~20時まで、未就学児さんから高校生の参加者の生徒さんと一緒に、客席と舞台袖の間の階段を何回も上り下りしながら^^;ほとんどすべての演奏を聴くことができました。

同じピティナのステージですが、ステップとは雰囲気もまるで違います。
娘が参加していた頃は何かピリピリした空気がありましたが、近年ではそれとは違い落ち着いた中にも真摯に学ぶ姿勢と持った参加者が多くなっているように感じます。
それは、こちらの目線が変わってきたのかもしれませんが…。

昨日の参加者の皆さんは、とても落ち着いていて、進行や流れも説明も静かに耳を傾けて下さり、演奏前や演奏後も他の参加者の迷惑になるようなことなどなさらず、他の演奏者の演奏を真剣に聴いている様子がとても印象的でした。

コンペティションですから、予選通過かそうでないかという結果が出ることになりますが、コンペに参加できる生徒さんは、どなたも熱心に学ばれている生徒さんで、その差は僅差ということも少なくありません。
結果ばかりにフォーカスしてしまいがちですが、そのステージに至るまでの練習や努力が大切です。

コンクールにまで参加して学びたいという生徒さんは少なくなってきていますが、結果にとらわれず、多くの生徒さんに参加を目指して頑張って欲しいと思っています。
(出たい!出たい!と言うだけではなく、それなりの練習をして参加するということです。)

教室には来週のコンペに参加する生徒さんがいます。
昨日も予定をキャンセルして聴きにきていました。
聴いているだけとは言え、自分も参加するコンペですので、とても勉強になったことと思います。
ピアノに対して優先順位を上げて学ぶことも必要ですので、ご家族のご協力は特に小さなお子様たちにとっては不可欠だと感じます。

レッスンも先生によっては、コンペ前は週に何回か、あるいは毎日ということもあるようですが、どこまでやるのか、(どこまでもやってみたい気もしますが)、のめりこみすぎると際限なくなりそうで、なかなか難しいところだと思います。

どちらにしても、コンペであれステップであれ、ステージ経験が豊富なほど、必然的に練習量も増えますし、ステージで学べることも多いので、成長の度合いが進むのは間違いありません。

コンクールにもいろいろありますので、適宜おすすめしていかれるよう考えていきたいと思います。




クリックして応援、宜しくお願いします!
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

# by piano_de_ongaku | 2017-07-10 15:49 | コンクール♪ | Trackback | Comments(0)

ステップに参加しました♪

6月25日(日)は地元地区のステップが開催され、教室からは7名の生徒さんが参加しました。

参加した皆さん、合格おめでとうございました。
開催支部の運営委員をしているので、お手伝いをしながら生徒さんの応援でした。

日頃はゆっくりお話しをすることが出来ない保護者の皆様とお会いできる機会なのですが、一日中バタバタしていて、ご挨拶もままならず…。

それはさておき、今回も参加した生徒さんとは、本番に向けてそれぞれの課題を克服するべく、充実したレッスンを行ってきました。

こうした本番での演奏という大きな目標があるからこそ、ご家庭でのサポートも含め、生徒さん自身の練習にも熱が入り、レッスンでも間違いなく弾けるところから、さらに、細かなテクニックや表現など、その楽曲に相応しい仕上がりになるよう工夫をこらしていくことが出来るというもの。

こうした機会を上手に活用する生徒さんとそうでない生徒さんとの差は歴然です。

アドバイザ―の先生の講評の中で、本番で育つことがたくさんあるというお話がありました。

ステージという緊張の状況の中では、生徒さん自身の持っている良いところと弱いところが増幅して現れるものだとおっしゃっていました。ステージで会得することは多いので、ステージで得たことを大事に持って帰って下さいというような内容でした。

なるほど…と思いました。

小さな生徒さんは足台や椅子のセッティングのお手伝いがあり、舞台の袖で演奏を聴かせていただくことが多いのですが、今回も一人で出来るようになった生徒さんの演奏を客席で聴かせていただき、上手になったな~と感動することもありました。

それぞれの生徒さんには生徒さんの数だけドラマがあり、こうしたステージに向けてのレッスンだけを考えても色々なことがあるものです。

大きくて素敵なステージで演奏できる機会を与えてもらえる生徒さんは幸せです。

ステップの後のレッスンでは、生徒さんの講評用紙を見させていただいていますが、今回も「良いセンスを持っている、音楽性がある」などというコメントが多くあり、そうした演奏になるようレッスンしてきた成果を出すことが出来たとホッとしています。

中には、「ペダルの踏み方も上手で、良い先生と学ばれていることがわかります」という嬉しいものもありました。

次回も多くの生徒さんが参加できるようお声かけしていきたいと思います。




クリックして応援、宜しくお願いします!
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

# by piano_de_ongaku | 2017-06-28 20:41 | ピティナピアノステップ♪ | Trackback | Comments(0)

ミュージックキーの認定試験を実施しました♪

昨年の春に岩瀬洋子先生の講座を受講したことがキッカケで、それまでの使用していたテキストに加え、ミュージックキーのテキストや指導法を取り入れるようになりました。

セミナーに通う他、指導法講座のCDやDVDを購入して自宅でも学び、さらに今年度も講座を受講しています。

時代の変化を柔軟に受け入れ、今時の子供たちに合わせた指導のあり方など、直接岩瀬先生とお話させていただく機会もあり「これだ!!」と感じるものがたくさんありました。

楽器店でテキストを見ているだけだとピンとこないところもあったのですが、テキストを書かれた先生の講座等で、テキストの狙いや効果的な使用法などを教えていただくと、これは凄いと納得できました。

実際にレッスンの中で使用してみると、子供たちの反応は予想を上回り、こちらが驚くほどでした。
中には、テキストを気に入り「この本書いた人すごいね~、これなら出来るよ~」と言って、テキストやワークを選ぶ際も、レッスン室の本棚を熱心に覗き込んで、「これも同じ人の本だ、これならやる!」という正直な生徒さんもいるほどです^^;

そのミュージックキーの指導システムので、最も面白いと感じたのは認定試験で、教室でも取り入れてみたいと準備を進めて丸1年、初の試験を実施することが出来ました。
初挑戦は、2年ほど見させていただいている小1の生徒さんで、楽典部門の試験です。

初めての試験でしたので、見ているこちらの方が緊張してしまい、「出来るかな?」「わかるかな?」とハラハラし通しでした^^;

ご家庭でのサポートもしっかりしていただいている生徒さんということもあり、音符もしっかり読めて理解も進んでいると感じていましたが、目の前で試験問題を解いている様子を見ていて、新たな発見がたくさんありました。

試験を実施するということはこういう効果があるのだな~と改めて実感です。

今まで気づかなかった生徒さんの「バッチリ出来ていること」「何となく出来ていること」「少し曖昧なこと」がはっきりわかりました。
この「少し曖昧なこと」の中に今後のレッスンの課題やヒントを発見できて良かったと思います。

この認定試験を実施して気づくことが多く、自分の指導を見直す良いキッカケになったと話されていた先生方のおっしゃっていたことが自分でも腑に落ちたという感じです。

そうして考えてみると、ミュージックキーのここまでやるのかと思うほど丁寧なテキストの数々もその必要性が認識できます。

幼稚園や学校など子供たちを取り巻く環境は、私たちが子供の頃とは全く違います(時代がね…)。
保護者の方など子供たちを取り巻く大人も忙しい。

本人の資質や能力に関わらず練習できない、ピアノは購入できないという環境の中、練習に相当な時間をかければ何ということはなく理解できることや習得できる事柄を、そうでない生徒さんたちにも、あの手この手、手を変え品を変え、目先を変え、発想を変え、右脳に働きかけ、楽しいと感じさせるインパクトのある指導、そして、練習への負担を減らす手助けをしながら、やってみたいと思わせる内容で、身体で感じ表現する楽しさを伴ってピアノを弾く!!ことにつなげる指導…。
これなのです。

そして、そうした学びかたのきっかけ作りの1つになる認定試験。
小さなハードルを乗り越えていく経験を積み、先生、生徒、保護者の方と一緒に進み具合を確認しながら、一歩一歩進めていくレッスンが出来たら素敵だなと思います。
認定試験に合格する、合格させる、という共通の目標を持てることが一番の効用かもしれません。

先生の目指すピアノが弾けるという状態と子供たちが思うピアノが弾けるという状態は必ずしも一致しているとは限らず、それを確認するための認定試験は、その溝を埋める効果があると思います。

指導する側と教わる側とサポートして下さる保護者の方との目指すところが同じになれば、レッスンの効果も倍増です。

時間を経費もかけて準備してきた認定試験。
生徒の皆さんのさらなる成長に一役買うことが出来るよう、上手に活用していきたいと思います。





クリックして応援、宜しくお願いします!
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

# by piano_de_ongaku | 2017-06-19 10:32 | レッスンでのひとこま♪ | Trackback | Comments(0)

岩瀬洋子先生の講座を受講しました♪

今週の火曜日は、岩瀬先生の講座を受講しました。

今年度の継続セミナーの2回目、リズム編。
e0043723_10195550.jpg

教室の生徒さんたちも大好きなオリズムピックの教本の活用法が中心の内容でしたが、ただ楽しくリズムを学ぶだけではなく、その先に拍子感のある生き生きとした演奏の出来る生徒を育てるという大きな目標に向かってのレッスンの提案です。

どの教本もそうなのだと思いますが、書かれた先生から直接お話を伺えるということは貴重なことで、どのページをとっても、それぞれのページに書かれたイラストの1つをとっても、テキストを使う生徒たちにこんなことを身に着けてピアノ演奏に活かして欲しい、ピアノが好きになって欲しいという願いが込められていることがわかり、ピアノを学ぶ生徒たちへの深い愛情を感じます。

実際に教室の生徒さんたちにテキストを使用してみると、「この本は楽しいね!」だとか、「このワークはよくわかーるね。」などと言ってまさに楽しく学んでいる様子が見られます。

すごいな~と思います。

「楽しい」の先が「やってみよう」、「弾ける!」から「大好き!」になるよう上手に活用していきたいと思います。





クリックして応援、宜しくお願いします!
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

# by piano_de_ongaku | 2017-06-16 10:16 | 指導向け講座♪ | Trackback | Comments(0)

鍵盤ハーモニカのレッスン♪

4月から月一回、松田昌先生の鍵盤ハーモニカのレッスンに通い始めました。

レッスンはグループレッスンで、とても和やかな雰囲気で進められていることもあり楽しく受講させていただいています。

受講者のほとんどがピアノの講師をされている上級クラスということで、鍵盤ハーモニカの奏法の他、アレンジ法などについても学ぶことができます。

グループレッスンとはありがたいもので、自分は吹けていないところがあっても、演奏の流れは止まることがなく、時々先生が「今の良かった!」とおっしゃったときに限って自分は吹いていなかった^^;ということもあったりします。

なんとか3回目になり、少し慣れてきたな~と感じたところでしたが、新しく出版された楽譜を使ってのレッスンになり、難しい曲が多く、相当な集中力を発揮しての90分となりました。

こちらも生徒さんのピアノと同様、日々の練習を頑張らないと‼です。

生徒たちには、「毎日少しでも練習しようね~と言っているけどねぇ」と一緒に受講しているお仲間の先生方と笑いあってしまいました。

ピアノは毎日練習しているのですが…。

ボチボチ楽しみながら続けていきたいと思います。




クリックして応援、宜しくお願いします!
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

# by piano_de_ongaku | 2017-06-15 22:01 | 指導向け講座♪ | Trackback | Comments(0)

生徒さんにとっての罰ゲームとは…♪

ある小学生の生徒さんのレッスンでのこと。

譜読みを始めてから、1か月くらいになりますが、毎週指摘するも音の間違いが直らず…。
レッスンの中では正しい音で弾くようになるのですが、次のレッスンではまた間違っているという状態が続いていました。

今週は間違えないで弾けるようにしてくるよう念を押し、
「もし直っていなかったら、何かバツゲームだよ~。」と言ってみました。
「バツゲームは何にしようかな~。」と言うと、

「次の週だけ週に2回来るとか…??」
「レッスン時間が長くなるとか…??」
と生徒さん。

う~ん、お月謝据え置きで、週に2回とか、レッスン時間延長とかって、サービスになるような…。
それは、生徒さんにとって罰ゲームなのかと思うと、若干ショックな気がするのは私だけ??

レッスン自体が罰ゲームにならないよう、心していかねば…です。




クリックして応援、宜しくお願いします!
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

# by piano_de_ongaku | 2017-06-02 12:32 | レッスンでのひとこま♪ | Trackback | Comments(0)

自分のレッスン♪

今日は、久しぶりに自分のレッスンに出かけました。

2月の末のグループレッスンでアップライトピアノをほんの少し移動させた際に右手の手首を痛めてしまい、その後は発表会や何やらで^^;、なかなか自分の練習も出来ずにいましたが、やっと行くことが出来ました。

師匠と久しぶりにお会いできた嬉しさもあり、積もる話で大いに盛り上がりました。

怪我や病気をすると、元気でいられること、普通の生活が出来る事のありがたさが身にしみます。

まだまだ手首は本調子ではないのですが、何とかレッスンに行くところまでになった?!と思うと、それだけで喜びもひとしおです。

自分が教わる立場になると、同じレッスンでも全く視点が変わります。

同じ曲をレッスンするとしても、相手の年齢やレベルは勿論、性格など様々な状況によって、目標をどこに置くのか、どこまでを要求するのか、またそれをどのようにアプローチするのか…
考えれば考えるほど、奥の深さを感じます。

生徒さんへのレッスンも向上させるべく日々勉強あるのみですが、自分のレッスンも継続して通えるよう、頑張りたいと思います。




クリックして応援、宜しくお願いします!
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

# by piano_de_ongaku | 2017-06-01 16:33 | 日々のつぶやき♪ | Trackback | Comments(0)

運動会が終わった、でも忙しい?!

先週の土曜日には、近隣のいくつかの小学校で運動会が行われました。
運動会を終えてレッスンに来た生徒さんもいましたが、真っ黒に日焼けしていました。

新年度が始まり最初の大きな行事が終わり、特にドキドキしていた新1年生の生徒さんもだいぶ落ち着いたのではないかと思います。

近年では幼稚園の運動会がかなり大きなイベントになっていて、半年間の練習を経て行うというところも少なくないようで、運動会=大変だ~という意識が子供たちにあるようです。

新小1になった生徒さんたちも運動会を前に大丈夫かな~??
とほんの少し心配している様子がありました。

毎年そのような様子なので、気温も上がり疲れやすいこの時期のレッスンの中では、あまり新しいことに取り掛からず、ペースもゆっくり目に進めているのですが、そんな配慮もよそに、新しい習い事がドバっと増えて、「大変大変…」となっている生徒さんもいました。

新しい習い事を始めた生徒さんは、レッスンの前の1分間お話タイム?!に、
「今週はね、何曜日と何曜日は〇〇の習い事があって…学校の宿題もあって…」と一生懸命に練習が出来ないことについてお話してくれます。

今週はね、って言ってもこれがずっと続くのだということはよくわかっていない生徒さんもいるようです。

皆さん、忙しい^^;

あまり詰め込みすぎず、子供の成長には、ボーっとする一見無駄に見えるような時間が大切と何かで聞きました。

ピアノは、じっと座って練習をすることが必要です。
最初のうちは、嫌々でも怒られるからでも、練習をする、練習をすると弾けるようになる。そして、レッスンで教わると、さらに弾きやすくなる、流れがスムーズになる、音楽の表現方法などを教わることが出来て楽しいなど、助言を受けて、自分では気づかない多くのことを学び自分のものにしていく、などの経験が出来ます。

じっくり取り組むこと、練習方法などを自分で考えて工夫すること、そして本番に向けて準備すること、本番では集中して力を発揮すること、などを学ぶことが出来ます。

ある程度長期的に集中してコツコツ取り組むことが出来るようにしておけば、勉強など、本人がやるぞ!!と思った時に出来るという状態になります。

本人がやる気になったときにやれる!という状態や習慣さえ作っておけば、大抵のことは出来る!!と私は思います。

習い事はピアノだけで良い(ピアノが良い)と言われる所以はたくさんあると思うのですが、あまりにもタイトなスケジュールの中のピアノだと、その効果はいかに…と感じる今日この頃です。





クリックして応援、宜しくお願いします!
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

# by piano_de_ongaku | 2017-05-30 14:42 | レッスンでのひとこま♪ | Trackback | Comments(0)