piano de ongaku DAYS

ミュージックキーの認定試験を実施しました♪

昨年の春に岩瀬洋子先生の講座を受講したことがキッカケで、それまでの使用していたテキストに加え、ミュージックキーのテキストや指導法を取り入れるようになりました。

セミナーに通う他、指導法講座のCDやDVDを購入して自宅でも学び、さらに今年度も講座を受講しています。

時代の変化を柔軟に受け入れ、今時の子供たちに合わせた指導のあり方など、直接岩瀬先生とお話させていただく機会もあり「これだ!!」と感じるものがたくさんありました。

楽器店でテキストを見ているだけだとピンとこないところもあったのですが、テキストを書かれた先生の講座等で、テキストの狙いや効果的な使用法などを教えていただくと、これは凄いと納得できました。

実際にレッスンの中で使用してみると、子供たちの反応は予想を上回り、こちらが驚くほどでした。
中には、テキストを気に入り「この本書いた人すごいね~、これなら出来るよ~」と言って、テキストやワークを選ぶ際も、レッスン室の本棚を熱心に覗き込んで、「これも同じ人の本だ、これならやる!」という正直な生徒さんもいるほどです^^;

そのミュージックキーの指導システムので、最も面白いと感じたのは認定試験で、教室でも取り入れてみたいと準備を進めて丸1年、初の試験を実施することが出来ました。
初挑戦は、2年ほど見させていただいている小1の生徒さんで、楽典部門の試験です。

初めての試験でしたので、見ているこちらの方が緊張してしまい、「出来るかな?」「わかるかな?」とハラハラし通しでした^^;

ご家庭でのサポートもしっかりしていただいている生徒さんということもあり、音符もしっかり読めて理解も進んでいると感じていましたが、目の前で試験問題を解いている様子を見ていて、新たな発見がたくさんありました。

試験を実施するということはこういう効果があるのだな~と改めて実感です。

今まで気づかなかった生徒さんの「バッチリ出来ていること」「何となく出来ていること」「少し曖昧なこと」がはっきりわかりました。
この「少し曖昧なこと」の中に今後のレッスンの課題やヒントを発見できて良かったと思います。

この認定試験を実施して気づくことが多く、自分の指導を見直す良いキッカケになったと話されていた先生方のおっしゃっていたことが自分でも腑に落ちたという感じです。

そうして考えてみると、ミュージックキーのここまでやるのかと思うほど丁寧なテキストの数々もその必要性が認識できます。

幼稚園や学校など子供たちを取り巻く環境は、私たちが子供の頃とは全く違います(時代がね…)。
保護者の方など子供たちを取り巻く大人も忙しい。

本人の資質や能力に関わらず練習できない、ピアノは購入できないという環境の中、練習に相当な時間をかければ何ということはなく理解できることや習得できる事柄を、そうでない生徒さんたちにも、あの手この手、手を変え品を変え、目先を変え、発想を変え、右脳に働きかけ、楽しいと感じさせるインパクトのある指導、そして、練習への負担を減らす手助けをしながら、やってみたいと思わせる内容で、身体で感じ表現する楽しさを伴ってピアノを弾く!!ことにつなげる指導…。
これなのです。

そして、そうした学びかたのきっかけ作りの1つになる認定試験。
小さなハードルを乗り越えていく経験を積み、先生、生徒、保護者の方と一緒に進み具合を確認しながら、一歩一歩進めていくレッスンが出来たら素敵だなと思います。
認定試験に合格する、合格させる、という共通の目標を持てることが一番の効用かもしれません。

先生の目指すピアノが弾けるという状態と子供たちが思うピアノが弾けるという状態は必ずしも一致しているとは限らず、それを確認するための認定試験は、その溝を埋める効果があると思います。

指導する側と教わる側とサポートして下さる保護者の方との目指すところが同じになれば、レッスンの効果も倍増です。

時間を経費もかけて準備してきた認定試験。
生徒の皆さんのさらなる成長に一役買うことが出来るよう、上手に活用していきたいと思います。





クリックして応援、宜しくお願いします!
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
# by piano_de_ongaku | 2017-06-19 10:32 | レッスンでのひとこま♪ | Trackback | Comments(0)

岩瀬洋子先生の講座を受講しました♪

今週の火曜日は、岩瀬先生の講座を受講しました。

今年度の継続セミナーの2回目、リズム編。
e0043723_10195550.jpg

教室の生徒さんたちも大好きなオリズムピックの教本の活用法が中心の内容でしたが、ただ楽しくリズムを学ぶだけではなく、その先に拍子感のある生き生きとした演奏の出来る生徒を育てるという大きな目標に向かってのレッスンの提案です。

どの教本もそうなのだと思いますが、書かれた先生から直接お話を伺えるということは貴重なことで、どのページをとっても、それぞれのページに書かれたイラストの1つをとっても、テキストを使う生徒たちにこんなことを身に着けてピアノ演奏に活かして欲しい、ピアノが好きになって欲しいという願いが込められていることがわかり、ピアノを学ぶ生徒たちへの深い愛情を感じます。

実際に教室の生徒さんたちにテキストを使用してみると、「この本は楽しいね!」だとか、「このワークはよくわかーるね。」などと言ってまさに楽しく学んでいる様子が見られます。

すごいな~と思います。

「楽しい」の先が「やってみよう」、「弾ける!」から「大好き!」になるよう上手に活用していきたいと思います。





クリックして応援、宜しくお願いします!
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
# by piano_de_ongaku | 2017-06-16 10:16 | 指導向け講座♪ | Trackback | Comments(0)

鍵盤ハーモニカのレッスン♪

4月から月一回、松田昌先生の鍵盤ハーモニカのレッスンに通い始めました。

レッスンはグループレッスンで、とても和やかな雰囲気で進められていることもあり楽しく受講させていただいています。

受講者のほとんどがピアノの講師をされている上級クラスということで、鍵盤ハーモニカの奏法の他、アレンジ法などについても学ぶことができます。

グループレッスンとはありがたいもので、自分は吹けていないところがあっても、演奏の流れは止まることがなく、時々先生が「今の良かった!」とおっしゃったときに限って自分は吹いていなかった^^;ということもあったりします。

なんとか3回目になり、少し慣れてきたな~と感じたところでしたが、新しく出版された楽譜を使ってのレッスンになり、難しい曲が多く、相当な集中力を発揮しての90分となりました。

こちらも生徒さんのピアノと同様、日々の練習を頑張らないと‼です。

生徒たちには、「毎日少しでも練習しようね~と言っているけどねぇ」と一緒に受講しているお仲間の先生方と笑いあってしまいました。

ピアノは毎日練習しているのですが…。

ボチボチ楽しみながら続けていきたいと思います。




クリックして応援、宜しくお願いします!
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
# by piano_de_ongaku | 2017-06-15 22:01 | 指導向け講座♪ | Trackback | Comments(0)

生徒さんにとっての罰ゲームとは…♪

ある小学生の生徒さんのレッスンでのこと。

譜読みを始めてから、1か月くらいになりますが、毎週指摘するも音の間違いが直らず…。
レッスンの中では正しい音で弾くようになるのですが、次のレッスンではまた間違っているという状態が続いていました。

今週は間違えないで弾けるようにしてくるよう念を押し、
「もし直っていなかったら、何かバツゲームだよ~。」と言ってみました。
「バツゲームは何にしようかな~。」と言うと、

「次の週だけ週に2回来るとか…??」
「レッスン時間が長くなるとか…??」
と生徒さん。

う~ん、お月謝据え置きで、週に2回とか、レッスン時間延長とかって、サービスになるような…。
それは、生徒さんにとって罰ゲームなのかと思うと、若干ショックな気がするのは私だけ??

レッスン自体が罰ゲームにならないよう、心していかねば…です。




クリックして応援、宜しくお願いします!
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
# by piano_de_ongaku | 2017-06-02 12:32 | レッスンでのひとこま♪ | Trackback | Comments(0)

自分のレッスン♪

今日は、久しぶりに自分のレッスンに出かけました。

2月の末のグループレッスンでアップライトピアノをほんの少し移動させた際に右手の手首を痛めてしまい、その後は発表会や何やらで^^;、なかなか自分の練習も出来ずにいましたが、やっと行くことが出来ました。

師匠と久しぶりにお会いできた嬉しさもあり、積もる話で大いに盛り上がりました。

怪我や病気をすると、元気でいられること、普通の生活が出来る事のありがたさが身にしみます。

まだまだ手首は本調子ではないのですが、何とかレッスンに行くところまでになった?!と思うと、それだけで喜びもひとしおです。

自分が教わる立場になると、同じレッスンでも全く視点が変わります。

同じ曲をレッスンするとしても、相手の年齢やレベルは勿論、性格など様々な状況によって、目標をどこに置くのか、どこまでを要求するのか、またそれをどのようにアプローチするのか…
考えれば考えるほど、奥の深さを感じます。

生徒さんへのレッスンも向上させるべく日々勉強あるのみですが、自分のレッスンも継続して通えるよう、頑張りたいと思います。




クリックして応援、宜しくお願いします!
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
# by piano_de_ongaku | 2017-06-01 16:33 | 日々のつぶやき♪ | Trackback | Comments(0)

運動会が終わった、でも忙しい?!

先週の土曜日には、近隣のいくつかの小学校で運動会が行われました。
運動会を終えてレッスンに来た生徒さんもいましたが、真っ黒に日焼けしていました。

新年度が始まり最初の大きな行事が終わり、特にドキドキしていた新1年生の生徒さんもだいぶ落ち着いたのではないかと思います。

近年では幼稚園の運動会がかなり大きなイベントになっていて、半年間の練習を経て行うというところも少なくないようで、運動会=大変だ~という意識が子供たちにあるようです。

新小1になった生徒さんたちも運動会を前に大丈夫かな~??
とほんの少し心配している様子がありました。

毎年そのような様子なので、気温も上がり疲れやすいこの時期のレッスンの中では、あまり新しいことに取り掛からず、ペースもゆっくり目に進めているのですが、そんな配慮もよそに、新しい習い事がドバっと増えて、「大変大変…」となっている生徒さんもいました。

新しい習い事を始めた生徒さんは、レッスンの前の1分間お話タイム?!に、
「今週はね、何曜日と何曜日は〇〇の習い事があって…学校の宿題もあって…」と一生懸命に練習が出来ないことについてお話してくれます。

今週はね、って言ってもこれがずっと続くのだということはよくわかっていない生徒さんもいるようです。

皆さん、忙しい^^;

あまり詰め込みすぎず、子供の成長には、ボーっとする一見無駄に見えるような時間が大切と何かで聞きました。

ピアノは、じっと座って練習をすることが必要です。
最初のうちは、嫌々でも怒られるからでも、練習をする、練習をすると弾けるようになる。そして、レッスンで教わると、さらに弾きやすくなる、流れがスムーズになる、音楽の表現方法などを教わることが出来て楽しいなど、助言を受けて、自分では気づかない多くのことを学び自分のものにしていく、などの経験が出来ます。

じっくり取り組むこと、練習方法などを自分で考えて工夫すること、そして本番に向けて準備すること、本番では集中して力を発揮すること、などを学ぶことが出来ます。

ある程度長期的に集中してコツコツ取り組むことが出来るようにしておけば、勉強など、本人がやるぞ!!と思った時に出来るという状態になります。

本人がやる気になったときにやれる!という状態や習慣さえ作っておけば、大抵のことは出来る!!と私は思います。

習い事はピアノだけで良い(ピアノが良い)と言われる所以はたくさんあると思うのですが、あまりにもタイトなスケジュールの中のピアノだと、その効果はいかに…と感じる今日この頃です。





クリックして応援、宜しくお願いします!
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
# by piano_de_ongaku | 2017-05-30 14:42 | レッスンでのひとこま♪ | Trackback | Comments(0)

ダダダダーン!!

ピアノのレッスンに来る生徒さんは、音符柄の靴下など、ちょっとした音楽に関する柄のものを身に着けてくることがよくあります。

こちらもそうしたものにはサッと目が行ってしまうのですが、これは凄い!!
e0043723_13142041.jpg

e0043723_13143862.jpg

ダダダダーン!!
ベートーヴェンです。

姉弟でお揃いなのも羨ましい~。

大人用はないのかな~。



クリックして応援、宜しくお願いします!
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
# by piano_de_ongaku | 2017-05-25 13:16 | レッスンでのひとこま♪ | Trackback | Comments(0)

ウサギに学ぶ話を聞く極意とは…♪

暑い~!
急に気温が上がり、身体が慣れていないこともあり、けっこうつらいです。
家の中で同じく暑さに弱いウサギと共に日中はグッタリしています^^;

娘のたっての希望で我が家にウサギがきて3年目になりますが、自分でも驚くほどウサギ好きになりました。
今ではケージのお掃除、エサやオヤツやり、毎日の部屋んぽ(お部屋の中を散歩します)はすべて私の仕事です^^;
e0043723_1031642.jpg

               ↑こんなに小さかったのに、
e0043723_10313211.jpg

               ↑こんなに大きくなりました。

ウサギは、鳴きませんが、表情やしぐさを見ていると、気持ちがよくわかります。
抱っこは苦手ですが、撫でてもらうのは大好き。撫でると目を細めてウットリ~しています。
基本的には夜行性だと思いますが、それぞれ飼われている家の生活に合わせる順応性もあるようで、今では夜になり電気を消すと静かになります。

特に我が家の場合は、夕方からのレッスン時間には生徒さんのピアノを子守唄に爆睡しているようです。

そして、正面から見るより、少し下から見たウサギさんのちょっと間抜け面が超可愛い、そんなウサギさん、何が一番の魅力かと言われると、話しかけると、じーっと飼い主さんの顔を見て、真剣に話を聞いている(ように見える)ことです。
瞬きもせずじーっと、ただひたすらじーっと注目です。
聞いてもらえていると思うと、どんどん話したくなります。
実際ウサギさんは人間の言葉がわかるのでは…と感じます。

私の話を聞くときに、顔を見て真剣に聞いてくれるのは、ウサギだけ( ゚Д゚)、、、と思う日もある今日この頃?!

ピアノのレッスンはマンツーマンだし、目と目をじーっと見つめ合うのは大変ですが、お話を聞くときは、顔を見て、しっかり耳は傾けて聞けると良いですね。

こちらが話をしているときに、構わずピアノを弾いてしまう生徒さん、ちょっと耳が痛い話だと、明らかにそっぽを向いて、聞きたくな~いオーラ全開の生徒さん…。
今までに一番強烈だったのは、「教わりたくない!」と言い切った生徒さんでしょうか。
実に正直というか何と言うか…。

こちらがエッっと思う反応だったとしても、大人としてどう対応するのかが大切なのだろうな~と思います。

ピアノのレッスン以前に、コミュニケーションのいろはからだなと感じることもあります。

最近では、レッスン室に入って始めの1分間はお話タイムとして、生徒さんのお話を聞くようにしています。
話したいことを話しスッキリしてレッスンに入ることで効率も上がっています。

中には一言もお話をしない生徒さんもいますので、そうした生徒さんとは笑顔で挨拶を交わすようにしています。

色々なタイプの生徒さんとのレッスンを通して、まだまだ学びの日々は続きます。

週末の運動会に向けて練習も佳境を迎えていることと思います。
暑さに負けず乗り越えられるよう体調に気を付けて頑張っていきましょう(*^^)v



クリックして応援、宜しくお願します!

にほんブログ村
# by piano_de_ongaku | 2017-05-23 10:33 | 日々のつぶやき♪ | Trackback | Comments(0)

ピアノの購入おめでとう~!!

昨日のレッスンでは、嬉しいことがたくさんありました。

少しずつだけれども一人で練習をできるようになってきた小学生の生徒さん、
お母さんと一緒に時々おこられながら^^;練習できるようになってきた未就学児の生徒さん、
ステップの申込みをした後、体調を崩してしまい、これから譜読みを始めることになり心配していた生徒さんが3日で譜読みを終えてレッスンに来られたこと、皆の頑張りが嬉しかったです。

そして、特に嬉しかったのは、ピアノを購入したという生徒さんがいたこと!!です。
(楽器店ではないところで購入されたことが、ちょっと心配ですが^^;)

その生徒さんは、どう見てもピアノが好き!という生徒さんでしたので、レッスンを始めて半年くらいでピアノの購入をお薦めしましたが、その時はまだ考えていないとのお返事をいただいていました。

それでも本人の頑張りで、教本も進み、十六分音符がたくさん出てくる曲を弾くようになってきた最近では、レッスン時に生徒さん自身が「家のと違うな~、上手く出来ないな~」と言うようになり、そのことをレッスンノートに書き込みました。
そうして連休を終えた昨日のレッスンでは、「家にアップライトピアノが来たよ~」と嬉しそうに報告してくれました。

「良かったね~‼‼」

レッスンでの頑張りをご家族の皆様もご理解いただき購入に至ったのだと思うと本当に嬉しいです。

昨日のレッスンでは、指先を鍵盤に当てる角度が変わると音色が変わることや、第一関節を潰しておしつけてしまうと16分音符は弾きにくいことなどを体感しながら弾き進めていくことが出来ました。

メロディーと伴奏は、大きさを変えるだけではなく、音色や音質も変えるのだということも嬉しそうに吸収していく様子が見られました。

電子ピアノからピアノに切り替えるのもタイミングが大切で、電子ピアノで練習する期間が長くなればなるほどピアノに変える効果が出にくくなります。

以前に4~5年生くらいなってピアノを購入した生徒さんが、「自分には変な癖がついているみたいで、ピアノで上手く弾けない…」と嘆いていたのを思い出します。(この生徒さんも中3まで続けていました!)

そうしたこともあり、タッチの違いで成長の差が顕著になる16分音符がたくさん登場する曲を弾くようになったあたりで、この生徒さんはと思った際に保護者の方にお声掛けをすることにしました。

住宅の事情等もあるとは思いますが、自宅の楽器で練習することが出来ないテクニックを身に付けることや、自宅での練習を頑張っても楽器の違いでその成果を発揮できにくい状況の中でのレッスンというのは、何より生徒さんが気の毒ですし、そうした生徒さんにソナチネやバッハを進めていくこと自体を考えてしまうこともあります。

最近半々になってきていた教室生のピアノ所有率は、3分の2になりました。
ピアノを購入すれば上手になるという保証はありませんが、ピアノという楽器の扱い方含めた奏法を学ぶレッスンを受けるにあたり、楽器の壁があるのも現実です。

何につけピアノの購入おめでとう!!
楽器購入の際は、是非ご相談下さい。





クリックして応援、宜しくお願いします!

にほんブログ村
# by piano_de_ongaku | 2017-05-13 20:45 | 嬉しかったこと♪ | Trackback | Comments(0)

GW終わりレッスン再開です♪

楽しかったGWも終わり、再び幼稚園、学校が始まりました。
近隣の小中学校では、5月末に行われる運動会の練習が始まるようです。

この時期から気温もグングンと上がり、子供たちにも疲れが見られるようになる時期でもあり、レッスン中も生徒さんたちの様子をよく見ながら進めていくよう工夫が必要になります。

気が付いたらお眠りタイムに突入?!などという生徒さんもいるかも^^;です。

よくレッスン直前までお友達と遊んでいてレッスンに来るという(指導者側からするとちょっと信じられない状況だったりしますが…)生徒さんがいますが、最初は興奮しているのに、レッスンが始まり少し経つと急な眠気に襲われることも多々あり、40分という短いレッスン時間が有効に活用されないという場合もあります。

レッスン前は、家で少しでもピアノを弾くなど準備をして、落ち着いてレッスンに来られると良いな~と思います。

レッスンの現場というのは、生徒さん相手ということで、臨機応変、変幻自在に内容を入れ替えて、少しでも現状を良い方向に変えていくという技術が求められています。

想いもかけないところで説明に時間を取られ、宿題の曲が全部見られないということもあるのですが、そんな場合でも、どんな場合でも小学生以上の生徒さんでしたら、家に帰って自分で練習が出来るようになるよう丁寧に練習の仕方やリズムのとり方、楽譜の読み取り方など指導をしていくことが不可欠と思います。

是非、レッスン後ご家庭では、「○もらった?」だけではなく、
「どんなことを教わったの?」など教わったことへの振り返りになるようなお声かけをして下さると、さらに教わったことが定着するのかなと思います。

なかなか出来ないことも多いのですが、レッスンから帰った後にレッスンしてきた曲を弾いてみるというのは特にお薦めです。

先日、レッスンを終えた生徒さんの保護者の方から、
「レッスン後に家で弾いてみると、明らかに音色が変わるのですごいな~と思っています」
というご連絡をいただきました。
アコースティックピアノならではの変化ですが、そうした変化が現れているとしたら、その生徒さんはレッスン中にたくさんのことを学ぶことが出来たという努力の証で素晴らしいことだと思います。

学校や幼稚園でたくさんのことを学び成長を遂げている生徒さんたちですが、他の習い事などもあり、そうした中でのピアノのレッスンは年間42回。

通常の1回のレッスン時間は長くはありません。(理想は一人1時間レッスン!!)
その中で、楽譜の読み方、音楽の決まり事、色々なテクニックや表現について学びながら、レパートリーを広げていく…と内容は盛りだくさんです。

年に一度の発表会で保護者の方に成長した姿を見ていただくことを念頭に日々尽力あるのみですが、レッスン時間だけではなく、ご家庭でのお声かけや練習の見守りなど、保護者の方のご理解とご協力なくして子供たちのレッスンは成り立ちません。

生涯に渡り音楽を楽しみ楽器の演奏を特技としていただくために、ピアノのレッスンのことを気にかけていただけるとありがたいと思います。

連休中にも高校生になる生徒さんの吹奏楽部の定期演奏会を聴きに出かけました。
成長した生徒さんの活躍する姿を見られることが、本当に嬉しく幸せなことだと思います。
e0043723_12252356.jpg

(写真を撮る前にステージは終了していましました(´;ω;`)ウゥゥ)
吹部で音楽を奏でることを心の支えに、勉学に励み楽しい学生生活を送っているようで、音楽って良いですね、とお母様のお言葉。
同感です。

同じく連休中にピアノマラソンというイベントに参加してピアノを演奏した生徒さんもいます。(こちらはレッスンと重なり聴きに行かれず残念)
お休み中もピアノのイベントに参加って素敵です。

たかがピアノのレッスン、されど大切なピアノのレッスン、頑張っていきましょう(*^^)v





クリックして応援、宜しくお願いします!
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
# by piano_de_ongaku | 2017-05-09 12:26 | 日々のつぶやき♪ | Trackback | Comments(0)

ここでは、自分と「ピアノdeおんがく」の仲間たちのレッスンについてダイアリー形式でご紹介します。
by piano_de_ongaku
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

新規生徒さん募集中♪

幼稚園児だった娘とそのお友達にピアノを教えたことがキッカケで始めたお教室も、今年で18年目を迎えます。

"自分で読んで、一人で練習が出来、弾けるようになること"
を目指してレッスンをしています。

教室についての詳細は、教室ホームページの「what's new」をご参照下さい。

読譜など基本的なことを覚えて弾ける楽しさを経験すると、その後のレッスンはスムーズに進みます。

教室ホームページはこちら→HP
お問合せはこちら→「お問い合わせ」です。

空き時間やレッスンの詳細につきましては、お問い合わせ下さい。

ご連絡をお待ち致しております♪

レッスンの目標や指針として、ミュージックキーの認定試験を導入し、小さなハードルを繰り返し乗り越える経験をしながら楽しくレッスンをしていきます。

フォロー中のブログ

最新のコメント

I先生、こんばんは。 ..
by piano_de_ongaku at 23:05
先生、こんばんは。 動..
by TAKAKO・I at 18:45
I先生、コメントありがと..
by piano_de_ongaku at 19:44
先生、こんにちは。 先..
by TAKAKO・I at 18:37
ありがとうございます。 ..
by piano_de_ongaku at 22:02
いつもながら先生のお言葉..
by TAKAKO・I at 18:55
I先生、ありがとうござい..
by piano_de_ongaku at 18:29
発表会のご盛会、おめでと..
by TAKAKO・I at 17:11
endopiano様 ..
by piano_de_ongaku at 11:37
娘さんの受験、お疲れさま..
by endopiano at 12:56

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

イラスト:まるめな